MOSCHINO WOMENSWEAR RESORT 2022 & MENSWEAR SPRING 2022 COLLECTION ユニバーサル スタジオを舞台にカレン・エルソンがミニミュージカル“Lightning Strikes”に登場

MOSCHINO(モスキーノ)ウィメンズ2022年リゾート、メンズ2022年スプリングコレクション。伝説的な背景を持つユニバーサル スタジオを舞台に、素晴らしいKaren Elson(カレン・エルソン)が今シーズンのMOSCHINOのミニミュージカル“Lightning Strikes”に登場した。ディレクター兼デザイナーのジェレミー・スコットは、モスキーノの最新ファッションに身を包んだエルソン嬢に焦点を当てた光の輪をなぞり、彼女が歌って踊る姿を映画のように夢のセットの中に収めた。冒頭では、カフェテリアで単調な仕事をしているシャンテーズの姿が描かれている。 彼女の視線は、カフェのジュークボックスに注がれ、我慢できずに曲を選ぼうとジュークボックスに近づく。透き通ったため息の出るような声で、1977年のヒット曲「Everybody Dance」を歌い始める。 彼女は、幅広の襟とマルチカラーのボタンが付いた虹色のデイドレスを着用。レストランのお客さまも、背中にMOSCHINOのロゴが入ったバーシティジャケットや、コントラストの効いたステッチの入ったカラフルなカーディガン、鮮やかな色のプルオーバーやスカートを着ている。キッチンに入ったエルソン嬢は、シェフとばったり出会う。シェフはシルバーのスパンコールをあしらったダブルブレストのスーツを着用。エルソン嬢はサイドにフリルをあしらったピンクのスパンコールのビスチェドレスに変身している。二人がワルツを踊る間、部屋の中ではフードをモチーフにした幻想的なファッションショーが繰り広げられる。ミルクセーキのビスチェ、ホットドッグのドレス、カラースプレーが散りばめられたコーン付きのアイスクリームのドレスなど。そして、LippsIncの79年のヒット曲「Funkytown」を、プラットフォームのメリージェーンを履いて石畳を歩きながら歌う。ダンサーたちは、ベルト付きのテクニカラーのコート、フェドラハット、鮮やかな色のストライプのテーラードスーツ、エクスクルーシブなジャケットなど、退廃的なマッシュアップを着て、フルアンサンブル ナンバーが続く。その後は?もちろん、映画館。エルソン嬢は、ストリートシーンから離れ、レトロスタイルの白昼夢となる劇場に入る。彼女は人間ピンボールマシンの中にいて、ドレスとバイカージャケットを着ている。どちらもピンクのラメ入りレザーで、ゲームショーのチップが装飾され、リッチなペンダントに。ここではオリジナル曲「Lightning Strikes」を歌い、ダンサーはヴィンテージのアーケードゲームをモチーフにしたプリントのイブニングガウンを着ている。昔から「雷は同じ場所に2度落ちることはない」と言われていますが、今回は、電気が何度も何度も部屋を照らします。昔のハリウッド ミュージカルの興奮、魅力、ファンタジーを表現し、それを媒体としてこのコレクションを発表したいと考えました」とスコットは語る。『今シーズンは歌と踊り!そしてスタイルと映画が一体となったときほど、私を幸せにしてくれるものはありません。』