MOSCHINO 2023 SPRING SUMMER COLLECTION モスキーノのいつもの気まぐれなスタイルで、いたずら、ダジャレ、ウィットを同時に取り入れる

MOSCHINO(モスキーノ)2023年春夏コレクション。クリエイティブ・ディレクターのジェレミー・スコットが、現代人が直面している悲観的な落ち込みに対する回答として、「自分の周りで起きているすべてのことに注意しなければならないが、幸せのための空間も確保しなければならない」という浮遊する感情をモチベーションに制作された。今回のコレクションは、楽観主義を見事に反映している。この象徴的な高揚感は、浮き足立たないためのデイタイム・ルックから始まる。ボクシーなジャケット、スポーティなドレス、実用的なスカートには、モスキーノの有名なアイコンを想像力豊かに作り直したフェイクハートモチーフが特徴。次に、「インフレ」という言葉にひねりを加え、プールのおもちゃ、救命ボート、ライフジャケットなどの新しい要素を、スーツや洗練されたデイウェア、インパクトのあるイブニングウェア、アクセサリーに溶け込ませ、気分を和らげている。鮮やかな黄色のストラップが付いたカクテルドレスには、ウエストにライフベルト装置、胸元と裾に安全ハーネスがあしらわれている。黒のジャケットとパンツには、ラペルやポケットのカバーが膨らむようになっており、さらに空気を入れるためのバルブも付いている。ショーが進むにつれ、よりフォーマルな装いに。袖口に浮き輪をつけたピンクのブレザーやドレス、大きな襟とミドル丈のスカートを合わせたクラシックなバイカージャケット、柄物のコラムドレスとプールラフトストールなど、さまざまなスタイルが登場。コレクションのイブニングドレスとガウンは、軽やかでムーディな雰囲気をさらに高めている。ゆったりとしたドレープのシルエットには、装飾アーティストのエルテの作品に登場するような白鳥をあしらったボレロが軽快なユーモアを添えて。ワンショルダーのフリルプリントドレスのウエストには、プールリングがさりげなくあしらわれており、ペタルピンクのギリシャ風ドレスには、膨らませたイルカのペアを腕に添えて、ユーモアと気まぐれさを加えている。モスキーノのいつもの気まぐれなスタイルで、2023春夏コレクションは、いたずら、ダジャレ、ウィットを同時に取り入れている。また、これらおもちゃは、本物であろうと偽物であろうと人生の幻想と現実を映し出している(この時代の深刻な概念に対するイメージマップと補足説明)。しかし、最終的には人生のあらゆるネガティブな要素に対抗するものであり、静かな湖の水面に差し込む一筋の太陽の光のようなもの。どんなに生活が停滞していても、常にファッションのアイデアで束縛を打破することができる。それが人生の楽しみ。「私たちは常に危機に浸っているわけにはいきません。愛を持ち、愛を見つけ、変化する力を持たなければなりません。それが人生のすべてです。」トニ・モリソン