CINOH 2023 S/S Womens Collection「GENTLE WOMAN」マニッシュな中に女性としてのエレガンスやヘルシーな部分が垣間見えるシックな女性像

CINOH(チノ)2023年春夏ウィメンズコレクション。デザイナーの茅野誉之は、「ここ数シーズン、ジェンダーレスやタイムレスといったことが囁かれているが、CINOHはマスキュリンな要素が強いブランドでもあるためMENS、WOMENSのレーベルが存在することの意味をCINOHでは考えている。つまり男性的な雰囲気のアイテムとメンズアイテムの差別化をどうしていくかということになる。私が考えるGENTLE WOMANはユニセックスであったりユニフォーム的な曖昧な境界線があるスタイルではなく、マニッシュな中に女性としてのエレガンスやヘルシーな部分が垣間見えるシックな女性像。ディテールにはそのような部分が垣間見える強弱のあるシェイプだったり、常に肌を見せるわけではなく動きの中で肌を美しく見せるデザインを意識している。またその反面で女性的なアイコンを使わずにそれを理解してもらうことを考える必要があるため、穴やスラッシュといったディテールも通常の開きというよりは断ち切りにしたり縁取りをすることで強い印象を持たせたり、直線的なシルエットを組み合わせたりなど工夫している。象徴的なサマーウールの素材にはスーパー130の先染め糸を使用し糸特有の表情をだし、軽く滑らかなに仕上げている。表裏の色を変え表情のあるリネンのWフェイス素材は、春らしくそれでいてハリ感があり存在感のある素材ができた。また梳毛のカシミアシルクやレース素材や刺繍素材で優雅な印象を、立体感あるジャガードやボンディング素材などのハリを持ったボリュームがあり強い存在感のある素材でシルエットに緊張感を持たせたりと素材感にもメリハリををつけている。」と話している。