JIL SANDER 2023 RESORT COLLECTION ウィメンズウェアとメンズウェアが融合し新しいスーツの概念が生まれる

JIL SANDER(ジル サンダー)2023年リゾートコレクション。ソフトテーラード、落ち感のある素材、彫刻的な輪郭、際立つ特徴と余白、自己表現のツールとしての服、継続するビジョン、常に変化してゆく視点、進化する美の定義。ウィメンズウェアとメンズウェアが融合し、新しいスーツの概念が生まれる。上半身はシャープな印象でタイトに形作られ、明確に定義されており、下半身は落ち感とボリュームがある。本コレクションのシグネチャーアイテムであるプリーツが入った重さを感じさせないパンツのように、幅と形に重きをおいたスカートやドレスは、シャープなスーツ形状のジャケットの下に着用し、決然としたスクエアやチゼルトゥのローファーやブーツで地面にシルエットを繋ぐ。肩幅の狭いスクエア・ショルダーのダブルブレスト・ウールジャケットは、マスキュリンなサルトリアルな技法に倣ったもの。日本製のドライウールで仕立てられたコートとジャケットはシングルブレストにノーラペル仕様、胸の中心でグラス製のジュエリーボタンによって留められ、シャープな印象に。フリルがあしらわれたシルクのシャツやドレスの上に着用され、シルエットを引き締め威厳を与えている。シンプルでストレートな白のタンクトップは、シルクとビスコースで仕立てられた、波打つようなアイボリーのボトムへと繋がっている。ホワイトとブラックのカシミアのタートルネック、プルオーバー、Tシャツは、ストレートトップやチュニックの深くくられたネックラインの下にレイヤードし、コレクションの中心的な存在となっている。立体感のある刺繍やプリントは、コレクション全体のさまざまな質感と素材感を際立たせている。丈の長さは様々で、ドレスは、ハイパーフェミニンな要素の極限で遊んでいる。あるものはパステルカラーでロマンチックに、ラッフルやフリルが施されて、滑らかでエアリー。またはテーパードのシルエットに、トップスからボトムまでジッパーが通ったディテール、透け感があり、ブライトグリーン、ホワイト、ブラックの色彩、もしくは総グラスビーズで端正に編まれている。ウエストラインを強調したトレンチコート。プラム色の半袖ボディスーツが加わりストーリーが完成する。鮮明であり儚い。相反するものが共存し、まったく異なるシルエットを描き出す。ドライなタッチから羽毛のようにふわりと軽いものまで、全てのシェイプは大胆で魅力的。カラーパレットもさまざまで、パステルとクリーム、ピンク、ブルー、イエロー、プラムに、ホワイト、ブライトグリーン、ブラック、グレーが差し込まれている。すべてのアイテムはクチュールの繊細さと独創性を兼ね備え、厳密なデザイン、クラフツマンシップ、そして革新的な素材と技術への献身を表し、ルーシー&ルーク・メイヤーが手掛けるジル サンダーを現代性と洗練性を体現するブランドとして確立させている。幾何学的な外観と柔らかい手触りが特徴の『カンノーロ』バッグは、細長いストラップを備えた新しいプロポーションにて装い新たに、台形のショルダーバッグやワングィー製(マダケ属の竹)の持ち手のハンドバッグ、グラフィカルな要素と自然からのインスピレーションを融合したジュエリーと共に、本コレクションの色鮮やかで多面的な性質を高めている。プレシャスなベジタブルタンニンレザーで仕立てた『エンペレス』バッグは美しいエイジングを楽しむことができる。