JIL SANDER PRE-FALL 2022 WOMEN’S COLLECTION フェミニン、内面からの輝き、エンパワーメントという包括的な感情を表現

JIL SANDER(ジル サンダー)2022年ウィメンズプレフォールコレクション。ルーシー&ルーク・メイヤーにとっての折衷主義とは、自由、精密さ、クラフトマンシップへの飽くなき探求を意味する。それは様々な原型で遊ぶこと、完璧につくり上げられた衣服を生み出す過程で注がれる尽力を称えることへ繋がる。見て、触って、着る。可能なかぎり先入観を持たず、楽しみながら、身に着けるものを組み合わせたり、組み替えたりすること。流動性。今季は一見相容れない感情や態度に触れながらも、フェミニン、内面からの輝き、エンパワーメントという包括的な感情を表現している。溢れんばかりに色彩豊かなカラーパレット、斜めのストライプ、レザーやシアリング(素材は他産業の副産物のみを使用)、フラワープリント、ベルベットのデヴォレ。テクスチャー、ボリューム、色合い、変化し続ける暖色の濃度。煌びやかなジャージーベルベットのパジャマ、ヒョウ柄のコート、パンプキン色のダウンジャケットなど、通常はクラシカルなエレガンスを連想させない素材やプリントも、シルエットの形成や生地のクオリティ、作りによって格上げされる。同時に、完璧なカッティングのシングルおよびダブルブレストのジャケットとコートには、カシミア、ジャパニーズドライウール、ふっくらとしたイタリア製ダブルフェイスウール、コットンシルク、ビスコース、布と表現できるほど緻密に編み込まれたなニットが用いられ、紳士服とワークウェアに明確に言及した、テーラリングの最も洗練された解釈で仕立てられる。中心となるのはドレス、スカート、ニット、シャツ。それらは精巧な刺繍やジャカード、織り方によって、豪華で個性的なピースに仕上げられる。フレンチノット、日本製の糸をシェニールリボンで手縫いしたもの、ダブルフェイスのリバーシブルニット、シークインで装飾されたクロシェットニットも重要。柔らかな無染色のシルクのイブニングドレスは、フリンジを重ねたクラシックなバイアスカットで仕立てられ、極めてフェミニンな印象。これらに対して、平らなシフォン糸で刺繍を施したカフタン、フェルトのウールスカート、シャープでドライなシルクとビスコースのマットブラックドレス、ウールとシルクの糸で編んだ、ブルー、グリーン、クリーム色の象徴的なロングシャツドレスなどがミラーゲームのように、コレクションの中で相対的な要素をもってお互いを引き立たせあう。シルエットは大胆でありながら、同時にリラックス感がある。パンツは、ロング丈でゆったりとして足首で詰まったデザイン、もしくはクロップド丈で裾がフレアに広がっている。シューズは形、構造、素材(レザー、光沢と質感、シアリング、クロコ型押し)において多種多様に表現。色もホワイト、クリーム、チョコレート、ペールブルー、ブラックなど様々。ブーツ、ショートブーツ、サンダルは、すべてポインテッドか、特徴的なスクエアトゥで、ヒールは彫刻のようにカーブしているか、フレア状につくられている。ブーツは膝下と足首にシャーリングが施されており、衣服のディテールを反映。シューズとともに、バッグとジュエリーもコレクションの重要な一部となっている。新しい提案のゴジフレームバッグとソンブレロバッグは、あらゆるルックやシルエットによりシャープ、よりソフトなアクセントを与える。グラフィックな印象のバンブーとメタルのリストバンド、リング、ジュエリーボタン、キーアイテムとなるブラス素材のネックレス、シルバー素材の動きのあるイヤリングは、ジル サンダーにおいてルーシー&ルーク・メイヤーが紡ぐこの新しい続編にて、流動的な感覚を高め、描きだす。