JIL SANDER S/S 2023 COLLECTION カット、形、用途に見られる、独創性のあるシンプルさ。ウィメンズウェアとメンズウェアが融合し、昼と夜、労働と娯楽、機能性と華やかさが溶け合う

JIL SANDER(ジル サンダー)2023年春夏ウィメンズ&メンズコレクション。容易さ、軽さ、滑らかに流れるライン、細長いシルエット、深みのあるソリッド・カラー、スパンコールの動き、繊細過ぎない彫刻的なフォルム、夜空の下に瞬く鮮やかな街並みの顔料プリント、常に移ろいゆく視点。カット、形、用途に見られる、独創性のあるシンプルさ。理想郷としてのカリフォルニア、それは西洋文化の原型を現代的に拡大したもの。そこには対照と融合、グラマラスな華やかさと実用主義、最先端テクノロジーと夢、計画性、無限性が存在する。ウィメンズウェアとメンズウェアが融合し、昼と夜、労働と娯楽、機能性と華やかさが溶け合う。機敏さと自信は、コレクション全体を通して登場する切りっぱなしの裾やカットに表現。ジャケットはグラフィカルに、ノーカラーもしくはゆったりとしたシングルポイントのラペルで登場。着丈の長いスーツはクレープ・サブレ生地で仕立てられ、バルカナイズド製法を用いた鮮やかなスニーカーで着こなす。シェニールやフェザーで編まれたショートドレスは、イブニングドレスを裁ってつくられたかの様に見える。コットンで仕立てられたタートルネックのプルオーバーは背中が大きく開いており、彫刻的で甘美な印象をもたらす。ハリウッドの煌びやかさ、それとは対照的なタンクトップとパンツの実用的な組み合わせは、遊び心をもって再考案され、新しい文脈を持って表現。ルーシー&ルーク・メイヤーは、ウィメンズとメンズのスーツを解体することで、さらにサルトリアルの解釈を広げた。ジャケットは、クリーンな丸首のタンクトップや斜めに切り込みが入ったディテールのシャツに差し替えられ、ボトムはキルトやショートパンツ、アイコニックなハイウエストのプリーツパンツを組み合わせる。ホワイト、クリーム、サンド、パウダー、ピーチ、ペールブルー、グリーン、ライラック、アシッドグリーン、ディープフランボワーズ、マゼンタ。ブラウンとグレーのグラデーション、ブリーチからレモン色まで展開されるイエローの色調。ブラック、ゴールド、シルバー。カラーパレットは大胆で明るく、変化に富んでいる。生地や素材も同様。マットな質感と光沢感。コットンボイル、柔らかなコットンリネン、シルク、シャリ感のあるコットンビスコース、シャープで軽いウール、立体的で繊細なニットウェア、重ね塗りされたスエード、ゴートスキン。バッグは、シンプルなフォルムにフェザーやスパンコールが装飾された糸など凝った素材で構築。ハンドバッグには、ゴールドやシルバーのねじれたチェーンの持ち手が付けられ、イエロー、グリーン、レッド、ブラックで彩られた光沢のあるレザーを用いた大きなショルダーバッグが新しく登場する。バルカナイズド製法によるカラフルなスニーカーは、レザーとキャンバス、そしてコレクションに登場する服に使用した生地で作られ、軽くて無駄のないデザインに。チェルシーブーツは圧倒的に力強い印象、一方でハイブーツやサンダルは彫刻的な丸みを帯び、コレクションの軽快さを際立たせる。すべてのものはクチュールの繊細さと発明の閃きを兼ね備え、それは厳密なデザイン、クラフトマンシップ、革新的な素材や技術へのこだわりを示し、ルーシー&ルーク・メイヤーが率いるジル サンダーを現代性と洗練の象徴に仕立て上げている。