JIL SANDER FALL/WINTER 2022 MEN'S COLLECTION いつも彼ら自身もふくむ”私たち”。どのように楽しみ、何を必要とし、人からどう見られ たいか、自分がどうありたいのか。

JIL SANDER(ジル サンダー)2022年秋冬メンズコレクション。ルーシー&ルーク・メイヤーのコレクションが描くのは、いつも彼ら自身もふくむ”私たち”。彼らは自分たちの仕事を、人がなりたいものになるためのツールと自由を与えるための手段だと考えている。どのように楽しみ、何を必要とし、人からどう見られたいか、自分がどうありたいのか。私たちは皆一人一人違っていて、常に変化し続けているので、彼らの作品は本質的に魅力的であり変化に富んでいる。最も洗練されたウールやシルクを使い、卓越した職人技で仕上げられたアイテムは、どれも自立した象徴的なものばかり。新しい刺繍やニット、インターシャ技術を研究すること、ドライな質感からふわりと軽い素材まで、さまざまな感触と異なる素材のシーズンごとの使い分けにメイヤー夫妻の情熱がはっきりとあらわれている。快適さ。逆転する昼と夜、仕事と遊び、実用性と美しさ、制服にインスパイアされたコートやトレンチ、テーラードスーツ、プリントが施されたシルクのパジャマなどは寛大で都会的な雰囲気に。イヤリング、ブローチ、結んだスカーフ、コートやジャケットに施された刺繍、ボクシーでオーバーサイズのジャケットやコートにベルトとしても使われるシルクのスカーフが、全体に活力にあふれる彩りを与えている。プルオーバーに編みこまれた、またコート、シャツにプリントされた手描きの星座は、メイヤー夫妻の作品を個人的に解釈し、応用し、自分のものにしてほしいという提案を強調するもの。シルエットは構築的で、自信に満ち溢れると同時にリラックス感があり、ブラックとブラウンのレザーパンツはストレートで細身、先が尖った、もしくは非常に四角い形状で、ジッパーやゴム仕様のブーツにブーツインされている。日本製のドライウールを使ったシャープなコートは、甘美で包み込まれるような感覚を与え、コートはコレクションの中核となる。ふわふわした毛並みの柔らかいコートやノーカラー、レザーのラペルや対照的なシアリングのプラストロンのあしらい、ホワイトとグリーンやオレンジとブラックの斜めストライプのもの、淡いブルーのスエードのもの、抽象的なレオパードのジャカードなど、さまざまなデザインが登場。多様で豊かなニットが強調するのは、暖かさ、気楽さ、そして発光するかのような輝きの組み合わせを求める包括的な願望。洗練された、鮮やかな色彩、ストライプ、ウールやシェニール、ウールにシェニールのインターシャを施したものなどプルオーバーは着丈が長くてボクシー、もしくはショート丈で身体にそったシルエットで、丸襟や柔らかく丈が高い襟が特徴となってる。カラーパレットは、オフホワイトとブラックの間で展開され、典型的なサルトリアスタイルを遊ぶもの。バター、アイボリー、セージ、サンド、ココア、スチールブルー、バーガンディ、そして少量のオレンジ、イエロー、グリーンの色合いをミックス。ツールバッグからインスパイアされた小さな長方形のショルダーバッグ、大きなトートバッグやショッパーバッグは、ブーツと共に本コレクションの実用性を高めている。