TOD'S Pre-Spring 2023 Collection シンプルさとモダンラグジュアリーの追求を強化し、クラシックな男性のワードローブの要素をエレガントさと女性らしさで再創造

TOD’S(トッズ)ウィメンズ2023年プレスプリングコレクション。クリエイティブ・ディレクターのヴァルター・キアッポーニが、デザインにおけるシンプルさとモダンラグジュアリーの追求を強化し、クラシックな男性のワードローブの要素をエレガントさと女性らしさで再創造した、アーバンユニフォームのシリーズを発表した。オーバーサイズのトレンチコート、絶妙なテーラードジャケットとパンツスーツ、ドレスにもなるメンズシャツ、控えめなピーコート、コンパクトなボンバージャケット、大きなユーティリティポケットが付いたサファリジャケットなど、トラディショナルなウェアが揃っている。素材や色は型にはまらず、パープルのスエード、白いポプリンのようなレザー、柔らかい赤いプロンジェナッパレザー、ディストレスドデニムのパッチワーク、リネンや籐麻の生地、太めのエスニックストライプなどが使われている。90年代にインスパイアされたミニマルでアンドロジナスなシルエットは、シンプルでありながら、豊かで女性らしい質感を持ち、立体的な効果で、職人技を感じさせる。ニットウェアは、エッセンシャルなラインとハンドメイドのテクスチャーの肌ざわりの良さがミックスされ、スポットライトを浴びている。アクセサリーは、イタリアの優れたクラフツマンシップと、コンテンポラリーデザインの厳格さとクリーンなラインのバランスが完璧に反映されている。大型のバッグは、幾何学的でありながら決して堅苦しくないフォルムが特徴となっており、コントラストのあるステッチが施された「T タイムレス バッグ」のように、その構造が装飾的な要素にもなっている。プレシャスレザーは、エスニックスタイルのファブリックとシームレスに融合し、あらゆるルックを個性的なタッチで豊かにしている。シューズは、ストローウェッジと「ケイト」のメタルアクセアリーを施したクラシックなローファーや、レザーを編み込んだサボのように、トッズの最も伝統的なデザインとハンドメイドのテイストが生かされている。イタリアのライフスタイルに深く根ざしたトッズの伝統的なアプローチに、個性とインターナシ ョナルなエキセントリックさがアクセントを添えている。

■TOD’S

www.tods.com