TOD'S FALL/WINTER 2022-23 WOMENS COLLECTION「ITALIAN BEAUTY」モニュメントやデジタルプラットフォームに見られるイタリアンスタイルと美の追求が仮想の世界へと変容し融合 #TodsItalianBeauty

TOD’S(トッズ)2022-23年秋冬ウィメンズ コレクション「ITALIAN BEAUTY」。イタリアの風景、進化し続ける回想。モニュメントやデジタルプラットフォームに見られるイタリアンスタイルと美の追求が、仮想の世界へと変容し融合していく。イタリアのヘリテージは、このコレクションの美的なリサーチの中で反響を呼び、イタリアの文化を検証し、トッズの使命に常に根ざしている伝統を際立たせている。トッズのクリエイティブ・ディレクターであるヴァルター・キアッポーニはイタリアの美のアイコンを再構築し、モダンで汎用性の高い日常使いのオブジェに変身させ、洗練された独自の品質におけるセンスを特徴とした。例えば、天然皮革を使用した有名な「ディーアイ バッグ」は脱構築され、ソフトで官能的なレザーで巧みに作られた多機能なハンドバッグに生まれ変わった。ラバーソールを使用した編み上げの「W.G. アンクルブーツ」は、この冬アップデートされ、新しいプロポーションと暖かくナチュラルな色合いのスエード素材が登場し、コンバットブーツやウィンタースポーツを連想させる高くボリュームのあるソールを備えたマスキュリンなスタイルに仕上がっている。トレンチコートやボンバージャケットといった伝統的なスポーツウェアの最も象徴的なアイテムは、キルティングヌバック、パディングレザー、シアリング加工のジャージー、アイコニックな「ゴンミーニ」を思わせるゴム編みのディテールといった驚くべき素材の組み合わせにより、ボリューム感を変えて表現されている。男性らしさと女性らしさが融合したユニセックスなワードローブでありながら、あくまでもコンセプトは体のラインとジェンダー間の対話に配慮しており、ニットウェアがセンターステージへ。見た目はボリュームがあり重厚ですが、触れると柔らかく官能的。ファブリックとレザーを組み合わせることで独特のボヘミアンなニュアンスを生み出している。ユニフォームのようなピュアなラインとイタリアンテーラリングのラグジュアリーが、コンテンポラリーなストリートウェアの精神に融合し、スカートがバミューダショーツに、パンツがボーイッシュなアティチュードへと変化。メンズのジャケットやコートの厳格さと都会的なエレガンスは、中綿入りのマントやジャケットに見られるカントリースタイルの自由なムードへと採用されている。「T タイムレス バッグ」は、精密で幾何学的な構造を持ちながら、扱うと形を変化させ、クロシェ編みの細工や、ニットとレザーの切り替えは、伝統的な職人技にモダンなテイストを与えている。ブルーとブラック、あるいはキャラメルとチョコレート、これらは現代性のユニフォームであり、文化的遺産と発見の喜びや革新の驚きが共存するイタリアのライフスタイルのシンボル。デジタルアーティスト、アルベルト・マリア・コロンボの作品は、このショーの背景としてイタリアの美の讃歌を表現している。