VERSACE MEN’S 2022 FALL/WINTER COLLECTION すっきりとしたフォルム、流れるようなライン、そして順応性のあるデザインが現代的に解釈したラグジュアリーを表現

VERSACE(ヴェルサーチェ)2022年秋冬メンズコレクションは、今という現実に根づいたモダンな華やかさを提案。すっきりとしたフォルム、流れるようなライン、そして順応性のあるデザインが、現代的に解釈したラグジュアリーを表現している。デザインは繊細で個人に密接に繋がるものであると同時に、本当の自分を称え、多くの”ヴェルサーチェ メン”に向けて堂々と呼びかける。センシュアリティとは身体を強調し、個人のリアルネスを自信やアティチュードの真の源として受け入れ、認めるよう促すことから始まる。コレクションフィルムでは、個人的な装いの儀式と、服の持つパフォーマンスの力や変化を起こす力に注目することで、この感情を体現している。ブランドコードはその基本に沿って統合されており、ヴェルサーチェのスーツの伝統は、動きやすく流れるようなシルエットを実現するために、柔らかくアンコンストラクション仕上げで新たに登場。典型的サルトリアルなピンストライプやチェック柄は、パステルや水彩で淡く描かれたような絵画的に仕上がりで、ボリュームのあるスーツパンツや裏地のないジャケットに仕立てられている。ウールジャカードのニットウェアやフォーマルコートは起毛ウール、カシミヤ、シルクで再構築し、手触りの良さを実感することができる。セリーズ、ピンク、オレンジといった明るくポジティブな色を無地のカラーブロックとして使用し、ブランド伝統の華やかなプリントは新しい「バロッコ シルエット」のようにバイカラーのステンシルで表現され、さらなる磨きがかかっている。「ラ グレカ」はブランドのアイコンとして継続され、ケーブルニットや鮮やかなルレックスのカーディガンで展開する。シューズとアクセサリーにも、コレクションが提案するモダンな華やかさが表現されており、ワイドトートやベルトバッグは柔らかいグレインレザーを使用し、起毛レザーを使用した構造的バッグのモデルも展開。控えめなラグレカ柄のエンボス、V モチーフの仕上げ、新しく採用されているハードウェアに洗練されたブランドコードが表現され、「ラ グレカ」の新色グレーはクリスプなホワイトロゴで仕上げられている。新しいコラムのブーツとシューズは、アーカイブスタイルを取り入れたもので、「バロック」のラバーインジェクションのモデルはヴェルサーチェの創造力と革新力が根底にある。スニーカーの「オディッセア」は着こなしの足元に自信に満ちた感嘆符を打つ役割を果たすアイテムとなっている。ドナテラ・ヴェルサーチェは、「今コレクションはヴェルサーチェ メンズ2.0を発表するもの。次なるステップ、前進を意味し、単一ではなく多様性に富み、進歩することをテーマとしていて、それは、まさに、新しい世代が大切にしている価値観で、彼らはたくさんの新鮮なやり方で男性らしさというものを表現しているように思う。このコレクションはヴェルサーチェが思い描く一人の”ヴェルサーチェ マン”ではなく、”ヴェルサーチェ メン”たちに目を向けることでそれを表現している」と話している。

■VERSACE

www.versace.jp