VERSACE PRE-FALL 2022 COLLECTION バロッコプリントをより大きなスケールとモノトーンで表現

VERSACE(ヴェルサーチェ)2022年プレフォールコレクションは、バロッコプリントをより大きなスケールとモノトーンで表現し人々を魅了する。「黒と白で表現してはいけないなんて誰が言ったの?創造性というものは、これまでの人生ですでに知っていることを違う角度から見て、新しい何かに変える機会や手段だと私は思っています。香りのように過去の感情を思い出させるのに、実際には今現在に根付いた新しいものに繋がっていくような感覚です。」とドナテラ・ヴェルサーチェはコメント。フィットかルーズなシルエットでーヴェルサーチェの描く男性は中途半端を好まないので中間はない。メンズコレクションでは、象徴的なアカンサスの葉が主役となり、モノトーンの他に、鎧のように輝きのあるシルバーメタリックのコーティングを施した新デザインで登場。シルバーの葉で表現するバロッコプリントは、包み込むようなトップス、シャツ、ルーズデニム、シルクパジャマなどで展開。このコレクションでは、鮮やかなブルー、ベージュ、フューシャが色のタッチに唯一使用されており、何か新しいことへの序章のような印象を与えている。ヴェルサーチェの描く女性は自分のスタイルを通して自分を変えることを恐れない。誰かに何かを証明する必要などなく、だからこそ着こなすことを楽しんで、メンズのワードローブとの接点となるモノトーンのバロッコプリントにマルチカラープリントをミックス。ポップな色彩は「ラ グレカ」と「アイ ヴェンターリ」のトータルルックで表現。「アイ ヴェンターリ」はカラフルな扇子の柄をあしらったアーカイブデザインで、ドレスやトップスのシルクインサートとして使用。バッグコレクションの「ラ メドゥーサ」と「ヴィルトゥス」は新しい色と素材、仕上げで展開。手作業でダメージ加工を施したデニム、ハンドペイントを施したパイソン、きらびやかな刺繍を施したサテンが登場。「メドゥーサ ビギー」はクリスタルをあしらったミュールで、その用途の多彩さを引き続き発揮している。