Vivienne Westwood Spring-Summer 2022 Collection「SAVE OUR SOULS」海と1998年に発表したTied To The Mastコレクションよりインスピレーション

Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)2022年春夏コレクション「SAVE OUR SOULS」。「私には世界を救う計画がある。私たちは政府による破壊行為を受け入れられない。“私は政府に協力を要求します。私たちの魂を救ってください。SOS”気候変動を止め、戦争を止めなさい。軍需生産こそが最大の汚染行為です。武器の生産を停止し、工場を閉鎖し、販売を停止せよ!」Save Our Soulsコレクションは海と、98年に発表したTied To The Mastコレクションよりインスピレーションを得ている。生地の開発やソースに重きを置き、再生農業による特殊なウールや、リサイクルやリユースによって生まれ変わった素材を用いたブランドらしさを体現するミニマムで効率的なアイテム展開。‘よく選び、必要なものだけを買い、長持ちさせること’  コレクションの原点は1849年にカウズを拠点に活動したイギリスのクチュリエであるRedfernにある。イギリスの海賊について話すと、エリザベス1世の時代と彼女が生まれたヨーロッパを想像する。ここからコレクションの構想が始まった。「私はマストに縛られ、衣服は海によって変化した。帆船では嵐が起こると船上の全てのものを縛り上げなければ流されてしまう。女性と子供たちは海が船を飲み込もうとする時、生命の安全のために甲板に運ばれ、マストに縛られた。」とヴィヴィアンは語る。