ソウルにて開催されたTOD’S 2022/23年秋冬コレクションを記念したイベント「ITALIAN BEAUTY」にジョイ、パク・ソダムやStray Kidsらが来場 イタリアの美のアイコンを再構築 #TodsSeoul

TOD’S(トッズ)は、2022/23年秋冬コレクションを記念し、トッズのクリエイティブ・ディレクターであるヴァルター・キアッポーニとともに韓国でイベント「ITALIAN BEAUTY」を開催。会場には、ブランドアンバサダーのジョイ(Red Velved)、パク・ソダム、ヒョンジン(Stray Kids)、フィリックス(Stray Kids)、ミヨン((G)I-DLE)、キム・ムヨル、ムン・スンア、イ・ドンフィなど、多くのセレブリティが出席した。イベントでは、韓国人アーティストのワン・ヒョンミンとのコラボレーションによるディスプレイを展示。ワン・ヒョンミンのクラフトマンシップに基づき、一つ一つ手作業でつくられた家具とインスタレーション作品は、木という素材にこだわり、柔軟なラインと側面が特徴で、コミュニケーションと交流の純粋性という概念を表現している。トッズとワン・ヒョンミンのコラボレーションは、イタリアと韓国の美学を追求するという共通の価値観と、クラフツマンシップのDNAをベースにしている。このユニークなディスプレイを通じて、アーティストの生命力あふれるアートワークがトッズのコレクションに特別なタッチを与えた。

 

トッズの2022/23年秋冬コレクションは、イタリアの美のアイコンを再構築し、モダンで汎用性の高い日常づかいができるアイテムに生まれ変わらせ、洗練された独自のクオリティを特徴としている。イタリアの伝統はこのコレクションの美的な追求の中で反響を呼び、イタリアの文化を検証し、トッズの使命に常に根ざしている伝統にスポットライトを当てている。女性らしさと男性らしさがユニセックスのワードローブに集約されているが、あくまでもコンセプトとして、シルエットのラインとジェンダー間の対話に注目が置かれている。ニットウェアは、ボリュームと重厚感がありながら、触れるとソフトで官能的。ファブリックとレザーを組み合わせることでユニークかつボヘミアンなムードを生み出しており、ユニフォームのようなピュアなラインとイタリアンテーラリングのラグジュアリーさが、コンテンポラリーなストリートウェアのスピリットでボーイッシュなアティテュードと一体化している。トッズの最も象徴的なナチュラルレザーの「ディーアイ バッグ」は、脱構築され、ソフトで官能的なレザーで巧みにつくられた多機能ハンドバッグに様々なカラーとサイズにて生まれ変わった。

ジョイ&ヴァルター・キアッポーニ

パク・ソダム

フィリックス&ヒョンジン(Stray Kids)

ミヨン

ムン・スンア&キム・ムヨル

イ・ドンフィ

■TOD’S「ITALIAN BEAUTY」

お問い合わせ:トッズ・ジャパン / TEL 0120-102-578(フリーダイヤル)

www.tods.com