GIVENCHY FALL 2023 WOMEN’S & MEN'S COLLECTION ユベール・ド・ジバ ンシィが築いたパリのエレガンスと、生まれ育ったカリフォルニアの地に根ざしたリラックスしたアティテュードや美学との対話を継続

GIVENCHY(ジバンシィ)2023年フォールコレクション。クリエイティブ・ディレクターのマシュー・M・ウィリアムズは、ユベール・ド・ジバンシィが築いたパリのエレガンスと、生まれ育ったカリフォルニアの地に根ざしたリラックスしたアティテュードや美学との対話を継続する。キーとなるルックは、力強くフェミニンなテーラリングと程よい脱構築によって、左岸地域特有の”ノンシャラン”な雰囲気を体現している。例えば、タキシードジャケットとアンティーク加工を施したデニムのカーゴパンツ、サテンジャケットとルーズなシルエットのパンツ、センシュアルなフラウンスブラウスとカーゴスタイルのポケット付きペンシルスカートのコンビネーションは、黒と白のグラフィックコントラストや、予想外のドッキングを強調している。スリムなレザーパンツには、シャープなブラックレザートレンチを。ジバンシィ2023年春夏コレクションのランウェイに登場したカジュアルなレイヤードシルエットは、オールホワイトで再登場。メゾンの象徴である4Gロゴは、シースルーのバックスタイルが特徴のブラックドレスで表現されている。リボンやルーシュのようなクチュール風の装飾は、ジャージーやストレッチシフォンのモダンで軽やかなタッチで蘇っている。マストハブの『Cut-Out』バッグはゴージャスなラインストーンで装飾されており、ブラックのイブニングドレスは、シルバーのビジューや繊細なマラブーフェザーで縁取られている。ウィメンズの最新シグネチャーバッグであり、パリジェンヌのクールなホーボーバッグをイメージした『ヴォワイユー』には、ツートンカラーの新バージョンが登場。また、『G-Hobo』、『CutOut』、『4G』いったジバンシィを代表するシグネチャーバッグには、シャイニーなブラックパテントレザーやスパークリングピンクなど、フォールシーズンを彩る様々なバリエーションが登場。メンズでは、伝統と現代性のコントラストを自由なアティテュードで表現している。テーラリングは、ジバンシィ2023年春夏コレクションのランウェイに登場したルックをさらに発展させ、リラックス感と実用的な魅力を強調。テーラードジャケットにデニムやミリタリーパンツを合わせ、シグネチャーである4Gエンブレムを埋め込み、プリント技術は高められ、伝統的な高級素材と後染めされたナイロンなどのテクニカル素材をミックスしており、新しいハードウェアである『G-Clip』は、今シーズンのテーラードアイテムに高貴な雰囲気を与えている。メンズバッグは、単なるアクセサリーではなく、テーラードやアウターウェアに仕上げのタッチを与える、レイヤリングしやすいワードローブのマストハブとしてデザインされている。急成長中のメンズジュエリーもコレクションにさらなるエッジを与えている。