EMPORIO ARMANI 2023 SPRING/SUMMER COLLECTION「日常と旅の交差の中で」心を解き放ち、自由な精神を持ちさえすれば、たとえ部屋の中に居ようとも、想像の中で世界中の街を旅することができる

EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)2023春夏ウィメンズコレクション「日常と旅の交差の中で」。心を解き放ち、自由な精神を持ちさえすれば、たとえ部屋の中に居ようとも、想像の中で世界中の街を旅することができる。旅はエンポリオ アルマーニのアイデンティティの重要な側面であり、その名前が表すように、相反するものを容易に組み合わせる折衷主義(相異なる哲学や思想から真理あるいは長所と思われるものを抽出し、折衷させて新しい考え方を作ろうとする立場)がコレクションに溢れている。軽さと直線性で組み立てられた今回のコレクションは、ことの本質を改めて肯定している。旅の目的地は東洋のどこかであろう空想上の場所。都会で過ごすために考案されたソフトでありながら精密なつくりのジャケット、ピーコート、ダスタージャケットは、抜け感のある流動的なシルエット、リズミカルなパターン、そしてスリムなボリューム感を備えている。このコレクションは、旅先で手に入れたお気に入りのものをスーツケースから取り出し、既存の宝物とミックスしていくようにまとめられている。ブレザーは民族衣装を由来とするスカートのサロンの上に羽織り、シャツはアウターウェアのように着る感覚で長く、すべてのアイテムが揺れるよういに舞い、体の周りを軽やかに動きながら、ソフトで縦長なシルエットを描き出している。そして全てのルックにフラットシューズがコーディネートされており、既存のお気に入りに、新たに加わったお気に入りを組み合わせるといったムーブメントは、カラーパレットにも見受けられる。都会的なニュートラルカラーやブラックとホワイトは、パステル調のモーヴやグリーンに変わっていき、ロングドレスや重量感を感じさせないジャンプスーツに夜光のような輝きを放つ。また、繰り返し登場するバッグやハットなどのブラックのアクセサリーは、かすかに残る手書きの旅物語の下書きを思い起させる。