EMPORIO ARMANI 2023 SPRING/SUMMER COLLECTION「バスケットいっぱいの夏」休暇で感じる安らぎや新鮮な刺激でいっぱいの籐のバスケットのようなもの

EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)2023年春夏メンズコレクション「バスケットいっぱいの夏」。夏といえば、軽さ、行動力、遊び心といった言葉がぴったりな季節。袖を通した瞬間に軽やかさを感じ、堅苦しく考えずに服やアクセサリーを選ぶことができる、装うことに純粋な喜びが得られる季節の到来。今シーズンのコレクションは、都会においても休暇を楽しむ気分を盛り上げ、休暇で感じる安らぎや新鮮な刺激でいっぱいの、籐のバスケットのようなもの。シャツが主役の、同じ生地で作られたソフトなパンツを組み合わせたルックが、それを象徴している。ユニフォームのようなジャケットやチュニックも、シャツのようにとても軽やかなつくりとなっており、体にかろうじて触れるような柔らかなシェイプや、呼吸に連動してソフトに揺れるそのフォルムは、生命力を感じさせる。縦にスリットが入ったパンツや裾がジッパーになった機能的なパンツ、肌を露出するカッティングのタンクトップ、大胆に素足を露出する短い丈のショーツやオーバーオールなど、鮮明でセンシュアルなタッチを添えるアイテムもランウェイを飾り、一方で得意とするゆったりとしたデザインのプリーツパンツは、シルエットを大切にし、アルマーニスタイルのコードを再認識できるアンコンジャケットも登場。またゴーギャンが描く世界や、鮮やかなグリーンのヤシの木陰で開かれるレゲエパーティーの気楽な夏の気分を、新しいジャカード生地を使ったテーラリングで表現している。カラーパレットは生き生きとした自然の色合いに。澄んだ空の色彩は、眩しい白光のような透ける白から、真っ青なスカイブルーへ、またシーブルーやナチュラルトーンへと変化し、夜の闇へと沈んでいくブラックカラーへと続く。小物では大きなつばのハットと、ボリュームのあるラバー製サボが、都会で過ごす夏の気分を盛り上げている。ショーの最後には、レゲエのリズムに合わせてしなやかに躍動的に踊るモデルが登場し、今回のコレクションのテーマである「バスケットいっぱいの夏」を表現している。