COACH SPRING 2023 COLLECTION 循環、伝統、ポップカルチャーが融合し、ファッションとラグジュアリーに新しい価値を提案する表情豊かな”Expressive Luxrury”を示す #CoachSpring23

COACH(コーチ)2023年スプリングコレクションでは、コーチのアメリカンヘリテージが流動性と循環性のレンズを通して探求され、不完全なものが持つ美しさを讃えながら、さまざまな生き方を思い描いてデザインされたアイテムを披露した。クリエイティブ・ディレクターのスチュアート・ヴィヴァースによるアメリカンヘリテージ探求の新たなチャプターとなる本コレクションは、循環、伝統、ポップカルチャーが融合し、ファッションとラグジュアリーに新しい価値を提案する表情豊かな”Expressive Luxrury”を示している。コレクションでは、レザージャケットやフットボールレザーを再利用し、”One of a Kind”にリメイクしたバッグやレディ トゥ ウェア、魅力たっぷりに愛着を込めて手編みされたフィッシャーマンズセーターやディストレストデニムのワークウェアが登場。コレクションのテーマである「過去への想いのリミックス」を強調するために、こうしたアイテムが、ブラックレースで仕上げたギンガムのショートドレスや、オーバーダイのヴァーシティセーターなど、アメリカらしいアティテュードで覆すアイテムと共存している。さらに、ランウェイで披露された”Tabby(タビー)”バッグは、メッセンジャースタイルとカラフルなジェリー素材で、コレクションの根底に流れるビーチのイメージを感じさせながら、斬新なイマジネーションでデザインされている。また、ショーの中で、コーチの新しいグローバルアンバサダーとして、マルチプラチナアーティストでシンガーソングライターのLil Nas X(リル・ナズ・X)がお披露目され、彼自身初めてとなるランウェイウォークを披露した。リル・ナズ・X は、コーチの新しいチャプター”Expressive Luxury”と、次世代に自信を持ってもらうというブランド ビジョンの中で発表された最初のアンバサダー。彼は、キャンペーンやコレクションなどを通してコーチの革新性と”The Courage to be Real(リアルに生きる勇気)”というブランドパーパスを体現していくことになる。リル・ナズ・Xは「コーチのショーに参加し、生まれて初めてのランウェイを歩くことができて非常に楽しい経験でした。僕と同じたくさんのことを信じているファッションハウスであるコーチの顔としてデビューすることにとても興奮しています。スチュアートと彼のチームと一緒に取り組んできた他の素晴らしいプロジェクトも、もうすぐ披露できるのでどうぞ楽しみにしていてください。」と話している。パーク・アヴェニュー・アーモリーで行われたランウェイショーは、ニューヨークの桟橋が創造性を発揮し、コミュニティを作り上げる場であったという示唆に富んだ歴史にインスパイアされた、夢の中にいるかのような幻想的な桟橋を舞台に行われた。ショーのオープニングを飾ったのは、コーチ桟橋に人々が通りがかり、その場に居合わせるという偶然の瞬間に互いが触れ合いながら、思い思いに過ごす演出。ロマンスと可能性を感じさせる日の出のセットの中に、ニューヨークの桟橋やビーチのようなこの街のエネルギーに根ざした現実逃避を思わせる幻想的なコーチ ワールドが広がった。日本からは、ブランドアンバサダーのKōki,、AmiAya、kemio、大平修蔵、YAMATO、がゲストとして参加し、コーチの新しいチャプターの幕開けを祝った。