ALAÏA Winter Spring 2023 Collection シンプルさの中の複雑さ、手を加えられていない純粋さと荒々しい優美さの中に見出される洗練

ALAÏA(アライア)2023年ウィンタースプリングコレクション。シンプルさの中の複雑さ、手を加えられていない純粋さと荒々しい優美さの中に見出される洗練。本コレクションでは、クリエイティブディレクターのピーター・ミュリエが、メゾンの心髄に内在する矛盾、つまり制御と解放の間の緊張を観察し、それを称賛している。本コレクションは、ALAÏAらしいイコノグラフィーが称賛され、探求されている。レギンス、ドレープスカート、クールクロワゼのトップスなどのストレッチジャージーのアイテムは、本質を見極め、セカンドスキン(第二の肌)として機能するように精密に再構築。肌からレザーに繋がるように、ムートンは裏地なしの生成り色の生地でアウターウェアやセパレートウェアに使用され、身体に直接触れる自然な素材の動きと洗練されたデザインを融合している。クロコダイルは、だまし絵のように立体的なジャカードにおとしこまれ、シュニール織は本物の毛皮のように見える。テーラリングの厳格さと並行して、体の周りを動く布のゆったりとした自由さという、オートクチュールのルーツである二つの相反する原理が、一つの衣服の中で融合している。生地にはドレープやノットディテールが施され、シームやシンプルなドローストリングによってギャザーがあしらわれている。ALAÏAらしい手法で、衣服の内側、つまり本質的な構造、クリエイションとプロセスの境界線が新たな装飾の形となる。ルールや制限に挑戦するため、デニムの「裏側」を使うことでコントラストを表現しており、メタルで繋がれた檻のようなレザーのフレットワークは、それを着用する女性を見るための窓が開いているよう。ルールや慣習に挑戦し、あえてデニムの「裏側」を使って身体の周りでねじれるようなデザインを用いた作品に仕上げている。ジュエリーは、衣服の下に身に着けたり、衣服の表面との融合や、テーラードの袖にメタルの腕輪をはめ込んだり、靴に組み込んだりして、ブルータリズムの要素を表現しており、装飾は、刺繍の概念を覆すもの。スパンコールは革から切り出され、エキゾチックレザーを模すように組み立てられ、鏡面仕上げのスパンコールはビジューを思わせ、ダイナミクスに変化を与えながら生地と身体の間の関係性に影響を及ぼしている。メゾンと創業者のアズディン・アライアが織りなすALAÏAの歴史は、衣服とアクセサリーに織り込まれた糸を紡ぐ。それこそがALAÏAの本質、本質的なメゾンの姿。コレクションで発表したオマージュも同様。1991年にフランスの靴職人レイモン・マサロがアズディン・アライアのために作ったヒールは、女性の脚に見立てられたが、ピーター・ミュリエによる新たなMaison Alaïaのクリエイションに直接的なインスピレーションを与えている。現代に生まれ変わったこのヒールは、ALAÏAのヘリテージ、つまり常に生き続けるインスピレーションであり、変わることのないインスピレーション。