DIESEL FALL WINTER 2022 COLLECTION デニム、実験、反抗、遊びといったディーゼルの世界を解き放つ

DIESEL(ディーゼル)2022年秋冬コレクション。破壊的でセクシー、流動的で楽しい。これが2022年秋冬のディーゼルであり、ディーゼルの永遠でもある。クリエイティブ・ディレクターのグレン・マーティンスは、初めてのディーゼルのフィジカル・ファッションショーを通じて、デニム、実験、反抗、遊びといったディーゼルの世界を解き放つ。2022年秋冬コレクションは、デニム、ユーティリティ、ポップ、職人技(アルチザン)の4つのチャプターで構成されている。実用的なベルトのリアルな存在感、フック&アイのセクシーさ、トロンプルイユの遊び心、アシンメトリーのエネルギーなど、デザインのテーマは全体に及んでいる。素材がぶつかり合ってコントラストを生み、テクスチャーが強調されすべてのルックに自由とコントロールが存在する。ウエストに激しいダメージを施したヒップハングデニムは、内側のウエストバンドでホールドされており、クロップド丈のインディゴタンクは、スカートとしても十分な幅があるくらいのデニムのスーパーサイズのユーティリティベルトでつなぎ合わされている。コレクションのデニムの多くはブランドの中核を成す、責任あるデニムコレクション「DIESEL LIBRARY(ディーゼル ライブラリー)」で構成。リアルなデニムの他に、デニムジャケットやジーンズのようなトロンプルイユ・プリントが施されたキャットスーツルックも登場し、ディストレスデニムをジャガードの織りで再現したパンツや、激しいダメージデニムのトロンプルイユをオーバープリントしたフロッキーデニムもラインナップする。一方、デニムのジャケットやトレンチにはフィルムコーティングを施し、ストラクチャーと光沢感を演出している。シフォンのパーカーはパネルやドローストリングによって曲線をドラマティックに誇張した、動きのあるドレスに仕上げられ、リバーシブルのシアリングのフライトジャケットや、パーカーやトラックパンツのトップやアンクル部分をカットオフしジャージーのレイヤードが楽しめるように仕上げたアイテムも登場。コーティングニットをカットしたメタリックピンクのポップなドレスには、胸元に「D」ロゴがあしらわれ、メタリックのミニスカートとカーディガンはフック&アイで留められていたり、ベルベットのホルタートップとミニスカートにはディーゼルのアーカイブのグラフィックがプリントされ新鮮味を加えている。アップサイクル・ジャージーをデニムに接着し、まるで壁から剥がされたビラ貼りのような職人技「ピールオフ」ピースも登場。オーガンジーをアップサイクルしスモッキングで仕上げた軽快なミニドレスはデコルテが開いたデザインとなっている。コレクションには完全にリサイクルされたデニムやコットン、ポリウレタンを、水を使わずにインディゴ染めを施したこれまでにないリサイクル素材を取り入れている。これは、ディーゼルが生産過程で発生するスクラップから新しい糸を作り、革新的でポジティブな新ライン「Diesel Rehab Denim(ディーゼル リハブ デニム)」を作り上げるというリハビリテーションを目的としている。この新ラインはサステナビリティのスペシャリストであるTejidos Royoとパートナーシップを組んでいる。今シーズンの新作スニーカー「Prototype CR(プロトタイプCR)」はベルトストラップをクロスして包み込んだようなデザインが特徴。ハイヒールサンダルのつま先やメタリックバッグには「D」ロゴが繰り返し登場し、ベルトストラップ付きのバッグや型押しのバックパック、クロスボディバッグの「D」ロゴも象徴的となっている。