AMBUSH®︎テクニカルファブリックに触発された新しいベーシックカテゴリー「AMBUSH WKSP」FW 2022 COLLECTION ワークウェアと実験的なファッションのミックス

AMBUSH®︎(アンブッシュ®)テクニカルファブリックに触発された新しいベーシックカテゴリー「AMBUSH WKSP」2022年秋冬コレクション。異世界の空気感が吹き込まれたAMBUSH® 2022年秋冬コレクションを身に纏ったYOONと彼女のキャストが、新たな現実に足を踏み入れる。実用的でありながら、官能的でラグジュアリーであることを問い、YOONはワークウェアと実験的なファッションのミックスを新しいテリトリーへと押し進める。技術的な革新から生み出された、触れられる新しさ。AMBUSH®のロゴが入ったニットは、太陽の光に当たると色が変化し、自然界とテクノロジーの両方への関心を表現。AMBUSH®は今回初めてリサイクル素材とオーガニック素材の両方を使用し、特にジャージ素材は全てオーガニックとなっている。可能性の境界線を押し続けるアウターウェアのインジェクションで作られたダウンジャケットは、可能な限り軽量でありながら、最大限のボリュームを実現。AMBUSH®のモノグラムは、100グラムのコートや軽量なリサイクル・トリアセテート・ジャケット、パンツやスカートまで、コレクション全体のモチーフとして落とし込まれている。ファッションの枠を超え、雨に濡れるとモノグラムが浮かび上がる、ウォーターセンシティブなコートも登場。ブランドとしてデジタル展開が進む中、衣服は常に変化を迎えている地球の現実と向き合う必要性を感じている。地球への意識を高めていると同時に、YOONは積み重ねたプラットフォームや、しなやかなカーブでボディラインを引き上げ、優美な官能性をもたらす。ハート型のカットアウトで、パワフルかつ女性らしいシルエットをイメージしたドレス。素肌の艶と輝くカラーパレットが、服の中にいるその「人」へ響く。一度ウォッシュを通して生まれ変わった、ヴィンテージ風の質感を実感できるウォッシュドコットンのほか、メンズにはコーデュロイやストレッチベルベットを採用。ユニセックスのテーラードピンストライブはリサイクル素材から作られ、生地を前世から再び蘇らせている。バーシティやユーティリティジャケットのシェイプで遊んで生まれたスタジアムジャケットには、異なる長さのカラーブロックパネルをはめ込み、ポピーレッドに染まったAMBUSH®の「A」をフォレストグリーンと合わせ、クラシックなRGBトーンの組み合わせを呼び戻した。コレクションのシャツやトラウザーパンツにも、このハイブリッドスタイルを採用。このクラシックなカラーコンビネーションやヴィンテージへのオマージュに対し、メドウ、レッドやオレンジ、シーフォームといったビタミンカラーの鮮やかな色彩は、フーディやモノグラムスカート、パンツ などに思いがけないアクセントを与え、こんがりとトーストされたセサミやナッツを彷彿とさせる大人しいブラウンが全体を引き締める。フットウェアでは、AMBUSH®の最も人気な2つのスタイルが登場。原色系に染まったラバーブーツと、グレーブラック、ホワイトの3色にビビッドなアクセントを加えたスニーカー。新作のスニーカーには、ブーツの丸みを帯びたラバーシェイブをローキャンパススタイルに落とし込み、ハイキングブーツは、チャンキーで実用的なソールとネオンオレンジのシューレースという、クラシックなAMBUSH®スタイルを表現。 全てイタリア製のハンドバッグは、先進的な日本のデザインとイタリアの高級感をハイブリッド。ソフトカーフとナパレザーで作られた各スタイルのシルエットはAMBUSH®の「A」を思い描かせる。ショルダーチェーンには、ブランドのDNAであるジュエリーに直接インスパイアされた、AMBUSH®のシグネチャーデザインであるAリンクを採用。イノベーションとノスタルジアが融合した中、ジュエリーもこれまで以上に現実離れし、輝く本物の天然石が散りばめられたイチゴ、チェリー、バナナなどが含まれている。メティエを知り尽くしたデザイナーYOONにとって、ジュエリーはルールを無視した遊びができる場所であり、今シーズンは彼女の頭の中で実ったアイディアを実現化したもの。AMBUSH®が宇宙を探検する中、地球とその恵みに招かれている。

■AMBUSH®

https://www.ambushdesign.com/