AMBUSH® SPRING/SUMMER 2022 MEN'S + WOMEN'S COLLECTION 都心から脱出し、自然を彷徨い、癒され、遊ぶ精神からインスピレーション

AMBUSH®(アンブッシュ®)2022年メンズ&レディース春夏コレクション。都心から脱出し、自然を彷徨い、癒され、遊ぶ精神からインスピレーションを得た今シーズン。デザイナーのYOONは、常にブランドの中核である都心とストリートに、野生と自由な広がりを取り入れた全く新しい世界を描いた。街の通りや庭園から自然の中へと進む旅を発信することで、洗練されたテクニカルなスタイルと、自然と繋がる喜びや素朴さの両方を楽しむことができる。この自由とともに多くの新しいアイディアが生まれ、AMBUSH®のコレクションに対する考え方にも変化が起こった。「AMBUSH® WKSP」は、テクニカルファブリックに触発された、都心やカントリーサイドを問わず、快適に移動するために欠かせない新しいベーシックカテゴリー。落ち着いたサンドとマロンカラーのフリースが、砂漠の水や地平線に浮かぶ花のように、ディープウォーターブルー、ソーラーパワーイエロー、ラベンデュラに置き換えられてシーズンのベースとなっている。また、グラフィックデザイナー萩原卓哉が手掛けた自然から着想を得たプリントデザインが落とし込まれたメンズとウィメンズのTシャツ、パーカー、スイムウェア。メンズウェアは主にルーズなシルエットでカーゴパンツとセーターをキーに、ウィメンズではなめらかなクロップトップを合わせている。アウトドアとアットホーム、いずれにも最適な着心地の良い使いやすいシリーズ。その反対には、クチュールテクニックを日常に組み込む方法を追求し続けている「AMBUSH® ARTISANAL」がある。花を方彿とさせるハンドループのジャージースカート、羽のようなツイストニットウールドレス、ツイストコットンとポリウレタンのクロシェ編みのメッシュニットにハンドメイドによって施されたフラワーアップリケをあしらい、自然のエネルギーをたっぷりと感じさせる。鮮やかなクロシェアクセント、ビスコースバードに手縫いのビーズで構成されたドレス-これらが空想を探索したAMBUSH®の姿。この二つの柱を繋ぐのが、ブランドの中心的なデザインの「AMBUSH® WARDROBE」。ウォッシュドパステルカラーのリネン、コットン、ニットにウォッシュドナイロンをミックスし、快適でモダンなワードローブを作り上げている。リラックス感のある仕立て、日本のディテールとヘリテージ。それらをイタリアのシルエットとモダンなヴィンテージシェイプとミックスし、AMBUSH®ならではのハイブリッドを表現。メンズウェアにはKIMONOジャケットとベルテッドブレザーの両方が含まれ、ウィメンズではレースアップレザーベストとクロップドツイストトップスを。ナチュラルなテーマに沿って、ブラックカラーは実際には最もダークトーンのグレーで、ホワイトはクリームとイエローで色調されており、採用されているカラーは全てわずかに日に焼けたような、より自然な色味に。ドラマチックで軟らかな背景に映えるカラフルで甘いジュエリーは、コレクションのサイケデリックな面を明らかにする花、ハート、蝶、キノコを取り入れている。未来の花の茎のような手吹きのガラスと宝石で飾られたチェーンリンクはねじれて変形し、まるで生きているかのような演出が加えられたジュエリーに。一方、アクセサリーはハードなラインはなく滑らかで、使用されている柔らかなレザーがAMBUSH®の自然な世界の一部であることを示している。ギャザードクラッチはソーラーパワーイエロー、ヴァリアントポピーレッド、ブライスブルー、ニュートラルブラックなど、あらゆるカラーで登場。丸みのあるハンドルとカーブしたボトムのスモールパースは、AMBUSH®の神話上のビーストを描くようなパステルピンクとブルー、ネオンイエローとパープルを取り入れたトリッピーなスネークプリントを採用。ツイストレザーのフロントを備えたハイヒールのミュールは、最も淡いグリーンリリーで、プラットフォームブーツはブラックとホワイト。ユニセックススタイルにはハイキングや街中に最適なトレッキングサンダル、ラバーブーツ、レザーミックススニーカー、そしてリラックスしたい時のためにフリップフロップのサンダルが含まれている。これまで通り、本コレクションはYOON自身の生きた経験に触発されている。多くの人々のようにYOONは都会以外のエリアに自由を求め、結果的にフィジカルとマインド共に脱出することができ、自然の中で見つけたデザイナーとしての自由な精神を再び都会でで活かすことに成功した。