AMI PARIS FALL/WINTER 2022 COLLECTION「AMIのルーツを抱いて」ブランドの真髄であるパリの個性と雰囲気、遊び心を押し出しながらこの街の捉えどころのない唯一無二のスタイルを表現

メトロ(地下鉄)を再現した会場に2年ぶりにライブ観客を招き行われたAMI PARIS(アミ パリス)2022年秋冬ランウェイショー。”2022年秋冬コレクションで私が最も望んだことは、AMIのルーツを受け入れ、私たちの原点である「Fashion-For-All」の精神を復活させ、再解釈することでした。私は、毎日メトロ(地下鉄)で目にする魅力的なスタイルと人々の組み合わせから、大きなインスピレーションを受けています。メトロという場所は、都市の社会的・文化的多様性を感じさせ、時代の流れを体感し、トレンドの発展を見守るための、完璧な場所です。年齢や人種、社会的地位に関係なく、誰もが刹那的で偶然の出会いの中で混ざり合い、共存する、「アーバン バレエ」のようなものだと考えています。このようなパリの真髄、高められた現実をイメージした、パリジャンのためのコレクションなのです。”とAMI創設者兼クリエイティブディレクター アレクサンドル・マテュッシはコメントしている。AMIのルーツを抱いて。ブランドの真髄であるパリの個性と雰囲気を持つ2022年秋冬コレクションは、遊び心を押し出しながらこの街の捉えどころのない唯一無二のスタイルを表現。洗練されたラグジュアリーであり、エフォートレスでシック、そしてダイナミックかつポジティブ。本物の洗練されたワードローブは、自由で多岐に渡るAMIの最高傑作を讃えるもの。アレクサンドル・マテュッシの2022年秋冬コレクションは本能的な衝突を連想させる鮮やかなリアリズムで表現されており、高められたリアリティにより、日常生活に必要なカジュアルさと楽しさをもたらした。スポンテニアスなミックス、自由奔放、そして楽観的、自信に満ちたAMIの表現力豊かなカラーパレットは、ジョワ ドゥ ヴィーヴル(生きる喜び)を表現している。洗練されたグレー、ブラック、ベージュといった仕立ての土台となるカラーに、フューシャ、グリーン、パープル、オレンジなどが大胆なトーンでハイライト。繊細なパステルカラー、そしてAMIのシグネチャーである鮮やかな赤が輝いた。ワードローブを意識した、バラエティ豊かなシルエットのコレクション。AMIの、性別、年齢、流行にとらわれない、ユニセックスに着用できるアイテムはテーラードやカジュアルといったリラックスしたマスキュリンなフォルムや、ボディコンシャスかつ繊細、フェミニンなフォルムと組み合わせている。プリントやモチーフは、パリのポルカドット、シースルーのデヴォレ ベルベット(レオパード、ハートの総柄、アミ ドゥ クール パターン)、伝統的なヴィシーやピンストライプなどが登場。そして、贅沢なフェイクファーや、レザーにプリントしたレオパードやレプタイルなど、クラシカルでリッチなファブリックにエキセントリックなテクスチャーを合わせることで、オリジナリティを高める。また、プレシャスなアクセサリーがコレクションを完成させ、そのエスプリを際立たせた。しなやかで柔らかいシボ革(クラシックなブラック、バーガンディ、ホワイトトーン)にダブルチェーンやAMI de Cœurの留め金など、洗練された特徴を持つAMIの新しいitバッグ、「Le Voulez-Vous(レ ヴーレ・ヴー)」は、シャープなラインとタイムレスなシンメトリーでコレクションの現代的な雰囲気を引き立てる。ブランドのアイコンである「ル デジャヴ」バッグは上品なボリューム感に、そしてシボ加工を施したパテントレザーとコレクションのポップなカラーで再解釈。ハンドルと一体になっている、ミニマルに洗練された「アコーディオン」バッグは、楽器のベローズの形が台形であることに因み、名付けられたアイテム。また今回のコレクションでは、AMIとロンドンのジュエラー、アラン クロセッティとの素晴らしいコラボレーションが実現。ハートを象徴するデザインで、ユニセックスのリング、イヤリング、ネックレス、ブレスレットなど、スターリングシルバー(一部クリスタルストーン付き)のコンテンポラリーなアイテムが揃う。