TOD’S MEN’S FALL–WINTER 2022/23 COLLECTION「イタリアン ルーツ」アートとイタリアの天才的創意工夫が織りなすコントラストがアクセント #TodsItalianRoutes

TOD’S(トッズ)2022-23年秋冬メンズ コレクション「イタリアン ルーツ」。今回のコレクションのプレゼンテーションとなる映像は、トリノ近郊のリヴォリ城が舞台。歴史的な建造物でありながらイタリア美術の現代性を感じさせるこの会場において、伝統的芸術をルーツに世界にその名を馳せるイタリアの創造性、そしてそのインスピレーションから一連のメンズウェアが誕生する。伝統と実験が実際に融合する今シーズンは、アートとイタリアの天才的創意工夫が織りなすコントラストがアクセント。時代毎に自らを改革し独自の美学を見失うことなく未来を見据えて進化する創造性、例えばそれは城内に収蔵されているミケランジェロ・ピストレットの作品のように、アートと現代性がシームレスに融合し、コレクションのインスピレーション源となっている。卓越したクラフツマンシップと上質な素材に裏打ちされた一連のウェアは大胆であり、ともすると反抗的にも見えるメンズ ワードローブ。シャツ ジャケットはホットスタンプのロゴをあしらったアイコニックなパッチポケットと、レザートリムを特徴とするデイリーユースに欠かせないクラシックなアイテム。その美しさ、軽さ、そして一日を通して昼夜を問わずに着用できる汎用性の高さは、移動を常とするアクティブな男性の日常に欠かせないアイテム。最高級の素材がもたらす機能性を逆手に取り、メンズクラシックが新たな、そして類まれな魅力を放つ。ボンバージャケットやヘムに新たなウール編みのテクニックから生まれたファブリックを付けファーのような効果を生む。ゆったりとしたフィッティングのパーカのライニングやピーコートのラペルにも同じ素材が用いられる。ニットウェアはローゲージで大胆かつマスキュリンな編地で、アースカラーと逆刺繍を織り交ぜ、美意識のルールを覆すように、リラックス感がありながら自信に満ちた着こなしを叶える。さらにカシミアのジムウエアが登場し、トラックスーツのようなトラウザーをテイラードのアウターウェアに合わせる。フットウェアコレクションは機能からカラーパレットに至るまで、コントラストが主題。カジュアルなウェアに典型的なイタリアらしいローファーを合わせ、使われる素材には自然の森の色彩と都会的なグレーが対比する。コントラストを効かせたTライオン ロゴのプリント、アイコニックなTタイムレスのモチーフがアクセサリーやバックルとしてあしらわれている。トッズW.G.はウィンター ゴンミーニの進化系として登場。より大胆で印象的なプロポーションが特徴で、アッパーに比して厚いソールが更に際立つ。トッズを象徴するこのモデルに使う洗練された素材は、使い込まれたレザーのような加工とのコントラストで、よりリラックスした男性らしい外観を演出。特にブラッシュドレザーや光沢のあるレザーを新たに提案することで、まさに今シーズンの「マストハブ」アイテムとなる。ゴンミーニはかつてないほど大胆になり、より大きく進化したラバーペブルがソールを更に印象的に、そしてオリジナルのフォルムからの自然な進化を遂げる。新しく登場するスニーカーは試作を繰り返したテクニカル素材と、サドラリー(馬具)の特徴であるロングステッチなど職人技との組み合わせで究極の表現がなされる。スエード、テクニカル素材、上質なレザーが一体となり、従来の定義を覆す、驚くほどフォーマルウェアと親和性が高いランニングシューズが誕生する。

■TOD’S

www.tods.com