Mame Kurogouchi Spring Summer 2022 Collection「Land」⼟地の歴史、個⼈の記憶の深部、現在の間の対話に⽿を傾け、静かに霧の中に浮かび上がる淡い春の景⾊を様々な素材と共に織りあげる

Mame Kurogouchi(マメ クロゴウチ)2022年春夏コレクション「Land」を通じて、⼟地の歴史、個⼈の記憶の深部、現在の間の対話に⽿を傾け、静かに霧の中に浮かび上がる淡い春の景⾊を様々な素材と共に織りあげてゆく。⻑野県⽴美術館で開催された10 Mame Kurogouchiの準備期間中に滞在した春の⻑野で、デザイナー⿊河内真⾐⼦は春の雪解けの下から芽吹く新たな⽣命のその速度に⾜を⽌めた。空き地や⼟⼿に咲き乱れる草花や⽔路を淡いピンクに染める桜の花びらが、⿊河内を遠い過去の記憶へと連れ戻し、やがてその記憶は深い霧の先で微かに、淡い命の⾊を湛える草花のイメージへと到達する。⽔彩によるドローイングで視覚化された春の景⾊は、⽣まれ育った地で変わらず繰り返される命の営みを表し、その経過する時間がもたらすテクスチャーの感触は本コレクションを通じて唯⼀無⼆のデザインや職⼈の技術と出会うことで、⽷へと託される。⽩の⽔彩で幾度となく塗り重ねられた草花の姿は、⽷を何重にも重ねたジャガードの⽣地へと⽣まれ変わり、霧を湛える⼭々の景⾊が⿊河内の持つミクロな視点と融合することで⽣まれたモチーフは、オーロラのように輝く⽷の川を流れる春の花を思わせる。コレクション全体を淡くにじませるグラデーション染めは様々な技法で複数の素材とともに表現される。ブランドのシグネチャーでもあるシルクは植物柄のジャカードが透明フィルム⽷と共に施され、京都でグラデーションに染⾊。職⼈の⼿により練られた染料が、特殊な技法により、混じり合うことで⽣地を染め、淡くたゆたうオーロラのような⾊を実現する。⼆重編みを施したコットンジャージーの⽣地には、着物などに⽤いられる板締め染めの技法を応⽤することで、春そのものをパレットに閉じ込めたかのような豊かなグラデーション染⾊が施され、ドレープが美しいカジュアルなドレスやオーバーサイズのカットソーとして登場。繊細な透け感のリネン⽣地は、天然の⿇を⽤いて編み⽴てられ、蚊帳越しに⾒る朧げな外の⾵景から曖昧さという美を発⾒するかのように、リネンのドレスやクロップドトップがほのかに透けてみえる⼥性の肌を讃えている。Mame Kurogouchiのデザインを代弁する柔らかな曲線のカッティングは今季、新たなアイデアと共にコレクションを形作る柱として登場。10 Mame Kurogouchiでもフィーチャーされたアーカイブ作品に⾒られる⽳の空いたディテールが今季、アップデートされたカッティング、シルエット、素材と共に、ファーストコレクションで登場したドレスは、美しいカッティングのテーラリングジャケットともに再び登場し、まるで異なる時間を繋ぐ⽳を通じて、過去の⾃⾝と対話し、コラボレートするかのように制作は⾏われ、深い記憶の渦が作り出すその曲線は、新たな素材、曲線、物語を通じて⼥性の体の美しさを際⽴たせる。デリケートなカラーパレットの中においてユニークな輝きをみせるのは、クリスタルが散りばめられたピアスやチョーカー、フープ付きのウォレットチェーン。ハンドメイドのマクラメバッグはショルダーバッグ、ハンドバッグともにビーズが贅沢に編み込まれ、エレガントなカーブを描く⿇のクロッシュハットはハットメーカー「KIJIMA TAKAYUKI」とのコラボレーションで登場。印象的なカーブ使いがエレガントなストラップサンダルは細いベルトと太いベルトのコンビ使いで⾜を華奢な印象に⾒せ、⾰をそのまま⾜にまとったかのようなヌーディーなスリップオンは、ローヒール仕様でアクティブさも兼ね備えている。