Onitsuka Tiger Spring/Summer 2023 Collection​「ジャパニーズ・ミニマリズム」既存の枠にとらわれずスポーツの要素を昇華させプレタポルテの観点から再解釈 #OnitsukaTigerSS23

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)2023年春夏コレクション​「ジャパニーズ・ミニマリズム」。斬新なフォルムと伝統を組み合わせ、必要のないものをそぎ落とす引き算の美学を通し、美しさの頂点を表現している。既存の枠にとらわれずスポーツの要素を昇華させ、プレタポルテの観点から再解釈しており、都市的なエスプリは不変のまま、高級素材と繊細なパターンを加えている。本コレクションにおいて特徴的なのは、シンプルでありながらデザイン的に魅せる細部へのアプローチ。アパレルはすべて日本製であり、流れるようなシルエット、ブランドの象徴的なヘリテージを駆使した躍動感のある力強さ、ジグザグステッチの刺繡ロゴをはじめ、裾の装飾的な縫い目などディティールにこだわっている。ボディコンシャスな表現がデザインの根底にあり、日本文化からも着想得たデザインとなっている。例えば、果てしなく長いように感じさせるドローストリングは、ジョーゼットのオーバーサイズTシャツをワッペン刺繡加工されたトップスへと変換。高級ナイロンを用いたスカートのように見える彫刻的なキュロットパンツは、弓道で着用する袴から着想を得ており、ブラウスの長く幅広のはためく袖のカッティングやタンクトップに取り付けられたロゴ入りビーチタオルのドレープは、着物からインスパイアされている。ニットウェアは非常に柔らかく高級感を醸し、形はワイドシルエットに。ブランドのアイコニックなトラックスーツのパンツは、ワイドカーブなウルトラバギーバージョンで登場。一方で、都会的に洗練された雰囲気は損なわれておらず、隠れているファスナーによって着丈を調整できる薄手のサファリ調のナイロンドレス、大きなパッチポケットによってシルエットを新たに作り出したハイキングパンツのように短いミニスカートなど、所々にサプライズとして都会的なアプローチが散りばめられている。アンドレア・ポンピリオは、今シーズンのルックに意外性のある3Dボリュームを取り入れるために、平坦になりがちなアパレルの背面にもフォーカスしている。シルエットに変化をもたせるドローストリングだけでなく、丈が調整できるドレス、トレンチコートから着想を得たケープ付のコート、リュックから着想を得たポケットを背面にデザインしたドレスなどを提案している。カラーパレットはブラックとホワイトをベースに、ブランドのシグニチャーカラーであるイエローと、日本の鮮やかなシソの葉の色にインスパイアされたグリーンをアクセントにしている。シューズやアクセサリーもインパクト性の高いラインナップとなり、アイコニックなモデルSERRANOは、虎の引っかきキズを彷彿させるグラフィックモチーフのプリントが施され、TIRRACKとして生まれ変わっている。今シーズンの新作である、日本古来の履物、雪駄にインスパイアされたレザー製のフリップフロップは日本製であり、ドライビングシューズのようなディティールを織り交ぜたCLAWとSCLAW MTは、ハイカットとローカットで軽くて履き心地の良いシューズとなっている。日本で使用される日傘をミックスしたベースボールキャプは、前後両方にツバがついているデザインで、前後どちらでも着用可能。ボウリングバッグに着想を得た、ロゴとクロウストライプを刺繡で表現したバッグは、ミニサイズをはじめ3サイズ展開となっている。本コレクションで使用された特別なヘッドフォンは、1925年にデンマークで創業した、音響機器の製造では世界レベルで有名なBang&Olufsenによって実現された。ショーには、山下智久をはじめとする多くの世界的セレブリティが来場した。