Children of the discordance S/S 2023 Collection「AREA AREA」90年代を横浜で過ごして経験したカルチャーをコレクションの細部に落とし込む

Children of the discordance(チルドレン オブ ザ ディスコーダンス)2023年春夏コレクション「AREA AREA」。今期はデザイナー自身が生まれ育った街、横浜をテーマにしたコレクション。AREA AREAは横浜のアンセムで、そこからのインスピレーションとなっている。90年代をこの街で過ごして経験したカルチャーをコレクションの細部に落とし込んでいる。横浜は東京の西の港町にあたり、アメリカ西海岸のカルチャーやレゲエ、ヒップホップが日常にあり多くを学んだ。グラフィティ、カスタムカーのピンストライプ、ローライダー、スケーターやサーファーなど、90年代後期はレイヴの盛り上がりもありクロスカルチャーが文化的に街に馴染んでいた。当時の原体験とArchiveから膨らませていった今シーズンのコレクションから、緊張感の漂う当時の横浜を少しでも感じて欲しい。COTD 志鎌英明