dunhill SPRING SUMMER 2023 Collection「IN MOVEMENT」ディティール、技術、機能性、クオリティを追求して連結させ、時代を超えたテイストを提案

dunhill(ダンヒル)2023年春夏コレクション「IN MOVEMENT」。ブランドとしてどのような存在であるかを解き明かし、ディティール、技術、機能性、クオリティを追求して連結させ、時代を超えたテイストを提案している。クリエイティブ・ディレクターのマーク・ウェストンは、メゾンが長い歴史で培ってきたテーラリング、機能性、革新性を振り返りながら、古典主義とシンプルさ、コンテンポラリーの間の感覚を研ぎ澄ませたワードローブを提案する。このコレクション全体を貫くのは、男性らしさとその進化、そしてダンヒルが誇る博識なイギリス人気質。機能までの知識というレンズを通して今日の進化を追求するダンヒルは、博識だという自負がある。これまで制限的だと思われてきたフォーマルなテーラリングは、破壊され、解放され、そして分解される。クラシックなシルエットは、超軽量で革新的な素材によって進化し、動きと流れるような美しさがキーとなっている。ダンヒルのアーカイブから着想した今シーズンのアンブレラコートは、1900年代における重衣料の完全防水の実験から生まれたもので、防水性と防シワ効果を兼ね備えた超軽量加工のウールシルクで再デザインされている。このコートには単なる技術だけでなく、過去に影響を受けながら現代的なデザインに落とし込む、ダンヒルの哲学が込められている。構造化されたレザーのボクシーなシェイプは、動きやすさと快適性を兼ね備えており、レザージャケットやカーコート、シャープなボンバージャケットの下には、軽量なシルクメリノニットをレイヤードしている。ダンヒルの誕生以来、これらは全てワードローブの定番となっている。本コレクションのカラーパレットは、落ち着いた色調でありながら、退廃的でもある。ライトグレーはオフホワイトに溶け込み、ゴールデンオーカーや脱色されたライラックが透けて見える。ブラック、ブラウン、くすんだイエローは、車のインテリアにインスパイアされ、官能的な雰囲気を醸し出す。ベージュ、サンド、サマーキャメルは、気だるい夏の日を連想させる色調となっている。そしてダンヒルの伝統をさらに研究した、新しいレザーコレクション「1893 ハーネス」が登場。フルグレインのしなやかなレザーを使用したマルチストラップのトートバッグ「1893 ハーネス」は、馬車用のレザーグッズを製造していたダンヒルの歴史にインスパイアされている。美しい細工とエレガントな金具、そして洗練された雰囲気が漂う2023年春夏のシルエットで、新しいファミリーに仲間入り。今シーズンのコードは明確。トラディショナルとコンテンポラリーの間の緊張感、革新と洗練、クラフトマンシップと機能性、そして誇りとラグジュアリー。

■dunhill

お問い合わせ:ダンヒル / TEL 0800-000-0835

https://www.dunhill.com/