dunhill SPRING/SUMMER 2022 Collection「IDENTITIES」スタイルとアイデンティティ、そして実用性と贅沢さの衝突

dunhill(ダンヒル)2022年春夏コレクション”IDENTITIES”。「今回のコレクションでは、ある特定のアイデンティティに注目したいと考えました。それは、衣服の典型であると同時に、英国らしさやマスキュリニティ、そしてユニフォームのアイデンティティであり、ダンヒルの過去、そして確立しようとしている新時代の典型でもあります。英国とダンヒルにおける個人のスタイルとアイデンティティの特異な組み合わせ、そしてメゾンのためにそれらを再定義することで、性格と衣服がどのように調和するかということです。」とダンヒルのクリエイティブ・ディレクター、マーク・ウェストンは語る。今シーズン、顕著なのは、スタイルとアイデンティティ、そして実用性と贅沢さの衝突。典型的なキャラクターと衣服が組み合わさり、相乗効果を生み、上品な不完全性がリラックスした雰囲気を感じさせる。これらを可能にしているのは、実用的に作られた上質なファブリック。デコ・ダンディからハイビス・ハンディマン(作業員)まで、従来のユニフォームを着た伝統的な男性像から意図的で且つ挑発的な女性らしさを表現した80年代のカジュアルまで、英国の男性像は、ダンヒルの過去と現在の歴史を創り出す要素と同様に、遊び心をもって再解釈。それは、紛れもなく英国らしい不遜さで、ブランドへの敬意が表現されている。多機能性、ファウンド・オブジェクト、ドメスティシティといった感覚は昨シーズンから引き継がれているが、リラックスした貴族的なエレガンスがプラスされより進化を遂げる。何通りにも着ることのできる多機能な服「コンペンディウム・コート」は今シーズンも登場。ジッパーで分離するとジャケットになり、ライニングを取り外せば、単体でも着ることができ、全てを叶える贅沢かつ実用的な素材により、多用途でもあり、そしてエレガンスが、常に変化しながらも永遠に愛され続ける1つの形を見出している。シルクファイユ(ダンヒルの新時代を象徴するナイロンの代替素材)をワーニングカラー(警告色)でコラージュすることにより、ハイビス ジャケットを豪華に生まれ変わらせている。今シーズンは、コートと同じ精神が流れるコンペンディウム トレンチも展開。ベンタイルコットンを使用したトレンチは、英国軍のフライトスーツと同じ製法で作られている。その他に、コレクションの重要なファブリックである超軽量ナイロンを使用したアイテムも登場。また、ダンヒルの新時代のハウス シグネチャーとして、フロント部分がプリーツのアイテムやスプリットヘムのトラウザーも登場。温かみのあるパステルカラーのブランケットニットは、重ね着できるラップカーディガンへと生まれ変わった。ダンヒルの新時代の定番となるラップ・テーラードジャケットは、テーラリングのしなやかな感性をコレクションにもたらしている。クラッシュドサテンのネクタイをほどいたスタイルも繰り返し登場し、危うさの中にあるエレガンスを感じさせるモチーフとなっている。グログランリボンのストラップが付いたダービーシューズも実用性と豪華さの両方を感じさせ、上質な素材の中に、リラックスした不完全さが光る。フォトグラフィック アーティストであるエレン・キャリーとコラボレーションし、彼女の抽象的な作品をプリントしたアイテムも展開。最も多く登場するのは、ダブルボンデッドのダッチェスサテンへプリントしたもので、この極めてオートクチュール的なファブリックは、カヌートップスやジャケット、ハットなど、機能的な表地として使用されている。キャリーのプリントは、今シーズン、バリエーションを広げた「ロックバッグ」などのレザーグッズにも用いられている。マーク・ウェストンは、キャリーのプリントについて「彼女の作品ですばらしいのは、その色遣いと思いがけない発見、そしてそのプロセスです。彼女のプリントには、偶発とエレガンスが感じられ、そのプロセスと可能性は、やむことなく私を惹きつけます。大切なのは、直観を信じながら、偶発性を取り入れる、その即時的な感覚なのです。」とコメントしている。

■dunhill

お問い合わせ:ダンヒル / TEL 0800-000-0835

https://www.dunhill.com/