GIVENCHY SPRING 2023 WOMEN’S & MEN'S COLLECTION ジバンシィのワードローブに⽋かせない典型的でエッセンシャルなスタイル

GIVENCHY(ジバンシィ)2023年プレスプリングコレクション。ジバンシィのワードローブに⽋かせない典型的でエッセンシャルなスタイルの数々を披露。コレクションの鍵となるのは”コントラスト”。シャープな仕⽴てとダメージデニム、アニマルプリントと光沢仕上げ、フィット感のあるアイテムとルーズなセパレーツなど、対照的な組み合わせが目を引く。ウィメンズでは、リブ編みのタートルネック、ピュアホワイトのコットンシャツ、レザーのトリミングやクリスタルの装飾を施したデニム、スリムなフレアパンツ、流動感のあるカーゴパンツなど、爽やかなアイテムが次々と登場。シャープなテーラードジャケットには、素材にレザーや質感のあるウールが使⽤され、Uロッククロージャーがあしらわれている。フェミニンなブラウス、シフトドレス、デイコートにはオセロットプリントが採⽤される⼀⽅で、グラデーションパールやテクスチャードスパンコールで表現される新登場のゼブラモチーフが、アシンメトリーのミニドレスに光と影をもたらしている。夜には洗練されたドラマが繰り広げられ、背中の開いた⾚いロングドレスは、そのホルターネックにシルバーのGチェーンがあしらわれており、サテンのビスチェドレスにはビーズの装飾が格⼦状に施され、センシュアルなカットアウトが肌の輝きを彩ってくれる。メンズウェアのテーラリングに新しい解釈を加えることで誕⽣するのは、肩肘を張らないエレガンスとゆったりとしたレイヤリングが特徴のアイテム。ロングジャケット、ワイドパンツ、正統派のオーバーコートが、新世代の素材やニット及びデニムの新しい加⼯と融合する。カジュアルルックではカレッジロゴにインスパイアされたスウェット、4Gエンブレム柄のジャガードニット、テクニカルナイロン素材で作られたトラックスーツ、4Gバックルがあしらわれたフーディーが登場。アクセサリーコレクションは今シーズンも新しいストーリーを紡ぐ。⼈気のハンドバッグシリーズ「アンティゴナ」はバリエーションがさらに広がり、マシュー・M・ウィリアムズがデザインしたアイコニックなキューブロックが付属するモデルが登場。このアンティゴナの新作に加え、「G-Hobo」「4Gソフト」「ケニー」シリーズの今シーズンの新作は、タンブル加⼯を施したソフトなカーフスキンで作られている。シーズナルデザインのオセロットやゼブラプリントのヘアカーフ製バッグとともに、デニム、シアリング、パイソンのバッグも披露された。メンズバッグでは、ミニチュア・キャリーオール、「Gショッパー」のシーズナルカラーが登場し、「アンティゴナ・スポーツ」は、旅⾏に最適なキャンバスサイズのマットコーテッドタイプがラインナップに加わっている。バッグと同様、ウィメンズ及びメンズシューズにも新たなサクセスストーリーが誕⽣。ロックのディテールがウィメンズのウェッジブーツとアンクルストラップのパンプスを飾り、スクエアトゥが特徴的な「Gウーブン」サンダルには、チェーンディテールのトリムが施されている。メンズスニーカー「TK-360+」ではスプレーペイント効果を効かせたイエローグラデーションとクロームカラーが登場。ジュエリーは、⼤胆で包括的な存在感を発揮し、ホワイトレジンパールがレディ・トゥ・ウェアとジュエリーコレクションの双⽅で象徴的なストーリーラインを形作っている。