UJOH Autumn-Winter 2022 Collection「テーラードの新しい息吹」この時代におけるある種のポジティブさ、そして前へ進んでいく意思を表現

UJOH(ウジョー)2022年秋冬コレクション「テーラードの新しい息吹」。ブランドの象徴であるジャケットのデザインを削ぎ落とし、新たな形を模索することを起点とした2022年秋冬シーズンにおいて、この時代におけるある種のポジティブさ、そして前へ進んでいく意思を表現している。削ぎ落とすことにより生まれた余白に、ミニマルなディテールを加えることで、それぞれのアイテムに新たな息吹を吹き込んでいる。流れるようなアシンメトリーなラインから生まれる布の動き、素材の質感、そしてカッティングを重ね合うことで、コレクションのムードを完成させた。ウィメンズでは、ノーカラーのジャケットにセーラーカラーのように作り変えられた襟を加えることで、ジャケット本来の機能を保ちつつ、テーラードへの新たなアプローチを取り入れている。今季のキーワードでもある”削ぎ落とす”ことで生まれた余白には、ミニマルなタイを。ミニスカートにもロングスカートのようにも見えるランダムなスカートや、デニムのようなウールナイロンのスカートと共に、新たなスタイリングを引き出し、レイヤードの可能性を広げている。メンズのルックにも、フレキシブルに着こなせる遊び心が加わり、リブ素材で置き換えられた襟のジャケットなど、スポーティなデザイン要素と機能性をプラス。メンズのルックでも見られるセーラーカラーは、ダブルブレストジャケットにレイヤードされ、ボタンを止める位置により様々な表情を見せている。今シーズンは、コレクションの素材やカラーパレットにも、新たな方向を見据えるブランドのイメージが表現されている。磨りガラスからインスパイアされた、トランスペアレントなブルーのコートは、内側のギンガムチェックとのレイヤードにより新鮮な表情を生み出し、抜け殻のようなヌーディなベージュのトップスにはパンツを重ねて、ユニークで目を引く仕上がりに。マイクロクロスステッチのフラワー刺繍やダブルラッセルの素材が、コレクションに豊かなバリエーションをもたらしている。海辺で見つけた人工物を思い起こさせるブルーやミントグリーン、イエロー、明るいネイビーやラベンダーにギンガムチェックを合わせ、クラシカルに偏らないカラーパレットを完成させている。