Salvatore Ferragamo Pre-Fall 2022 Collection「Progressive Interaction」革新的な伝統を一新しコンテンポラリーなスタイルによる進歩的なパラダイムを創造

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)2022年プレフォールコレクション「Progressive Interaction」。その革新的な伝統を一新し、コンテンポラリーなスタイルによる進歩的なパラダイムを創造。職人の技術と技術的なプロセスを融合し、シーズンのウェアーやアクセサリーの特徴、特性を昇華させ、再文脈化する。その結果、最先端のこだわりと深い伝統の両方を併せ持つコレクションが誕生した。アイウェアやシューズなどのカテゴリーでは、サステナブルなアイテムの選択を新たに追加し、フェラガモの(地球環境に対するサステナブルな取り組み)プラネット・ポジティブへの活動を強化している。リゾートから冬にかけて、今シーズンの先進的な美学は、アラゴスタ、セドラタ、ハイビスカス、メラグラーナ、テクニカラーイエロー、ゴルフォブルー、ブリーチドデニム、カルチェ、マンジャロッティカララなど、インパクトのあるエレメンタルパレットに包まれている。Julien Colombierによる甘美なまでに抑制されたパームプリントが、SS22からカフタン、スイムウェア、テーラード トラックスーツに再登場。繊細なエッチングが施されたメンズのミッドナイトブルーのジャガードタキシードや、ガンチーニ刺繍が施されたコットンシルクツイルのシャツとショーツは、どれもがパターンでアイデンティティを想起させるもの。リッチなポンチョスカートには、強烈な色彩のレザーで個性を際立たせている。モヘアのグランジレインボーニットセーターは、ジェンダーに関係なく、あらゆる個性を表現している。ボンデッドニットとブラックのメタリックラップスカート、また精密にカットされたシャープなサルトリアスーツは、いずれもコレクションを通してカウンターカルチャーの底流を表現しており、洗練された新しさが際立っている。フェラガモのコレクションの根幹をなすフットウェアの今シーズンは、主張の強いものから魅惑的なものまで、メゾンの構成要素を若々しく解体し、再構築したものを展開。ウィメンズにはパワフルなヒールのガンチーニのディテールが際立つ乗馬ブーツ、そしてメンズには質感のあるレザーのダービーやチェルシーブーツ。それらに対して、サマースライドフラット、クードゥとサステナブルラバーのドライバーシューズ、ジュエリーサンダル、フェミニンなスリングバック、繊細な曲線を描くVaraローファーなども提案されており、これは大きな前進といえるコレクションとなっている。フェラガモのバケットバッグに新しいハーフムーンバッグが加わり、ザ フェラガモ ステューディオ バッグのシリーズは、様々な用途に合わせて確固たるバッグとしてマスキュリンなメンズラインへと拡大され、トリフォリオは、サステナブルなメタリック織りで魅力的な質感に生まれ変わっている。メゾンのアイコンであるガンチーニは、バックルとして槌目の質感を出すことで、メタリックとニットが合さったスカートの風合いをよりよく見せてくれる。ガンチーニはさらに再構築され、特徴的で抽象的なジュエリーになりました。新しいサングラスシリーズは、サステナブルな素材と魅力的な8色のカラーパレットを組み合わせ、虹のようなアイウェアのチョイスを生み出している。

■Salvatore Ferragamo

www.ferragamo.com