LACOSTE SPRING-SUMMER 2022 COLLECTION 日常生活にスポーツユニフォームを取り入れパフォーマンスと美学の境界線をシームレスにし都会の夏に順応

LACOSTEicon(ラコステ)2022年春夏コレクション。スポーツにおける捉え方や文化はルイーズ・トロッターが常に着目し、フレンチスポーツウェアの要としてラコステのダイナミックなアプローチに影響を与えている。サイクリングやバスケットボール、その他のシティースポーツ、そしてブランドの真骨頂と言えるテニスの世界から導き出される動きや軽さ、機能性、そして精神は彼女のデザインプロセスにおいて最も重要。今シーズンは、日常生活にスポーツユニフォームを取り入れ、パフォーマンスと美学の境界線をシームレスにし、都会の夏に順応する。スポーティさが際立つメンズ・ウィメンズそれぞれに目をやると、表層的な技術革新はもちろん、ディテールに至るまでこだわり抜かれ、格段に進化を遂げている。狂騒の1920年代のルネ・ラコステと彼のテニスパートナー、スザンヌ・ランランのエレガントなポートレートから、2000年代のピーター・サザーランドとフィリップ・ビアロボスによるメッセンジャーのリズミカルなドキュメンテーションに至るまで、テーラーとスポーツの融合の変遷は、ハイブリッドな類型学の結果であり、スポーツサブカルチャーとしての一面も持ち合わせている。ショートスーツはネオプレン素材のピケジャージーから作られ、プリーツテニススカートはマットなパステルラバー素材、そしてラコステのポロシャツはプリントメッシュで再構築。新たなカラーの試みとして、ラコステグリーン、ネイビー、トープ、ブラック、オプティックホワイトのクラシカルなラコステパレットに対して、スカーレット、エメラルド、バーガンディー、オレンジ、アシッドイエローといった明るく温かみのある色を重視することで、これまでの伝統的なスポーツの認識を変えた。素材の通気性や換気はメッシュのロゴパネルを採用し、通気性の良いインサートは、サイクリングベスト、トラックショーツやバスケットボールのタンクトップに用いられている。人間工学に基づいたミシン目は手作業でネオプレン素材のヴァーシティージャケットにレザー加工。エンジニアードニットがそれに続き、体に沿ったストライプリブドレスとマッチするアンサンブルが、シグニチャーパッチワークのテニスセーターの新しいイテレーションに加わる。ソフトパラシュートナイロンと光沢仕上げが透明感を際立たせ、”ゴーストステッチ”のエンボス加工されたラバーアウターウェアとフラミスジップのドローストリングのアノラックを組み合わせることで、スピード感を表現している。プールサンダルやジャカードニーソックスから、ネオプレンストラップ、フラスクホルダー、バックル付きクロスボディのメッセンジャーバッグ、カラーシールドサングラスまで、風変わりなアクセサリーが今シーズンのメトロポリタンスタイルを引き立てる。カットアウトトレーナーはバンジーコードの紐でトレースされ、モジュラーデジタル腕時計、パステルカラーのカラビナキーリング、テニスバイザー、ネオプレンジャージー素材の平たいツバ付5パネル”ジロール”キャップにて、はつらつとしたエスプリを強調している。また、LS Gommaによるアートインスタレーションは、ラコステ本社で恒久的に展示。セットで使用されたナイロンは、限定版のトラックスーツに形を変える。