COACH Spring 2022 Collection ニューヨークの挑戦し続けるスピリットとクリエイティブなエネルギーを大胆で斬新な方法でセレブレート #CoachSS22

COACH(コーチ)は、スチュアート・ヴィヴァースによる2022年スプリングコレクションを発表。コーチ ファミリーとのコラボレーションで制作された”Coach TV”のスペシャルエピソード”Public Access”も公開された。世界中にライブ配信された今回のコレクションは、ランウェイに対するコーチの革新的なハイブリッド アプローチをさらに進化させたもので、ライブショーに人気の高いデジタルフォーマットを組み合わせ、ニューヨークの挑戦し続けるスピリットとクリエイティブなエネルギーを大胆で斬新な方法でセレブレートしている。スチュアート・ヴィヴァースのコーチに対するビジョンの新たな1ページには、アイコニックなターンロックを生み出した創造性豊かなパイオニアであるコーチの初代ヘッドデザイナー、ボニー・カシンと次の世代が共有する進歩的な生き方への思いが綴られている。アメリカンスタイルのレガシーが形作られていく中でコーチが果たした役割を表現した本コレクションは、カシンのアーカイブにあったレディ トゥ ウェアやバッグを、今というレンズを通して見方を変えたアメリカンクラシックに対するヴィヴァースならではのビジョンによって、生まれ変わらせている。次世代の持つエネルギー、多様性、精神を示す新しいキャストで発表されたコレクションは、セントラルパーク、ゼイバーズ、セレンディピティ スリー、ブルックリンブリッジなどのニューヨークを象徴する場所や、世界中の人々にインスピレーションを与え続けるニューヨークの役割にトリビュートを捧げる、ニューヨークへのラブレターとなっている。さらに、ニューヨークのファッションコミュニティへの支援と還元の一環として、ニューヨークのローカルクラフトマンたちとのコラボレーションで実現したトートバッグも含まれている。コレクションには、アップサイクルデニムで仕立てたレディ トゥ ウェア、ボニー・カシンのヴィンテージ アウターウェアのリニューアルピース。そして環境に責任を持つレスポンシブルレザーと野球のグローブをアップサイクルしたレザーを使用した”カシン キャリー トート”の最新デザインも発表され、ブランドのサステナビリティと長く愛用できるものづくりへのコミットメントを証明している。コーチが初めてファッションショーを行ったマンハッタンの西側に位置する新しい公園、ハドソン・リバー・パーク のピア 76で開催されたショーは、”Coach TV”の最新エピソードで幕を開け、アメリカで一般の市民が運営するパブリック・アクセス・テレビと、そのインクルーシブ(包括的)でコミュニティ密着型のアプローチをとるプログラムにインスパイアされている。ヴィヴァースは、「今回のコレクションは、コーチの80年にわたる伝統にインスパイアされたアメリカンファッションの新しいボキャブラリーを、次世代のレンズを通して表現するという私のビジョンを示すもの。また、コーチの初代デザイナー、ボニー・カシンのカラフルで、アップビートなオプティミズムへのセレブレーションとして、私たちが今生きている時代に対応しながらも、より良い、より明るい未来への共有される願いを込めてデザインしたコレクションです。」と話している。