Rick Owens S/S 2022 Men's Collection「FOGACHINE」責任感や思慮深さとグラマラスさを混ぜ合わせようとする矛盾した新時代を反映して、ソフトで感謝の気持ちを込めながら快楽主義を謳歌

Rick Owens(リック オウエンス) 2022年春夏メンズコレクション「FOGACHINE(FOG MACHINE)」。今回で4回目となるコロナ禍での最後のショーは、デザイナーが1年の半分を過ごしている場所であり、チームが工場から車ですぐに来ることのできるヴェネツィアのリドビーチで行われた。「この場所でショーを行うことは、規模が縮小され、親密で、誠実で、ありのままを感じるこの緊張した時期に行うべき正しいことのように感じられました。自分の家の前のビーチでライブストリーミングショーを行うことは、一時退却のように感じられますが、決して敗北ではありません。」コロナウイルス収束後の世界を考える時、この夏、欲求不満の食欲が二倍に満たされることを要求しているような感覚があり、私たち全員が一緒に経験したばかりの謙虚な経験を忘れてしまうような貪欲さを出してしまうかもしれない。本コレクションは、責任感や思慮深さとグラマラスさを混ぜ合わせようとする矛盾した新時代を反映して、ソフトで感謝の気持ちを込めながら快楽主義を謳歌。レッド・ツェッペリンの「聖なる館」や「天国への階段」に出てくるような白を纏ったヒッピーたちは、プラットフォームの上にフレアの裾を引きずるバギーパンツを履き、透けるシャツの下にエココットンのディスコ・ボディスーツ/水着(エコディスコ)を着用し、透けるモンスターショルダーのテーラードブレザーとコートを合わせている。テーラリングチームへの深い信頼があったからこそ、突き詰めることができたテーラリング。内部を構築するプロセスを開発し、その構造を見えるようにし、その完成をたたえた。コートとジャケットには切り込みを入れ、袖を切り落とし、アームホールを深くし、前身頃と後身頃を切り落とし、染色していないコットンオーガンジーとシルクシフォンで表現することで、内部構造の複雑さを明らかに。地面を引きずるデニムは、山足織物(1945年創業)のヴィンテージ坂本式自動シャトル織機で織った16オンスのブラック、ナチュラル、オレンジのセルビッチデニム。これは日本の岡山県倉敷市で製造される、以前から取り組んでいるDRKSHDWカプセルコレクションのアイテム。日本で製造していないデニムは、1597年に創業した地元イタリアの工場で生産されたGOTS認証(グローバル・オーガニック・テキスタイル・スタンダード)のオーガニックコットンを使用。スナップフロントシャツ(今の時代のブレザー)は、シフォン、クリスプコットン、そして透明感のあるフォグナイロンで構成され、薄手のフォグパーカーにも使われている。手作業で織り込まれたブリーチされた鳥の羽根のジャケットは、かつてジョセフィン・ベイカーの作品などを手がけた、パリで最古のプルーマスィア(羽根細工商)である「メゾン・フェブリエ」(1929年創業)によるもの。ブルータリストなチョーカーは、1950年代にココ・シャネル、クリストバル・バレンシアガ、マダム・グレのためにジュエリーを製作していたジュエリーブランド、グーセンス・パリと継続的に製作しているジュエリーコレクション。個人用の無害のフォグマシーンは、3つのサイズで展開。プラットフォームブーツのサイドポケットに入れられるほどのスモールサイズ、トランクサイズ、そしてコーヒーテーブルサイズ。ブラジルの先住民族によって生産された食品副産物であるピラルクの皮から作られたドラゴン・スケール・レザーを使用したジャケットやバッグも継続して発表。今までのリドでのショーの間に、自宅からほど近いビーチに住んでいる若いクリエーターのSWAMPGODと友人になり、彼を工場に招待して、過去のアーカイブを解体、新しい作品(脱構築の脱構築)へと生まれ変わらせた。いくつかは今回のコレクションで使われ、彼自身もショーのモデルとして出演。コットンジャージのアイテムは、全てGOTS認証のオーガニックコットンで織られ、リラックス感のあるシャツとパンツは、廃棄されるコットンから作られる生分解性のキュプラ、あるいはFSC認証のビスコースを使用。「私たちはサスティナブルな取り組みに向けてまだ道半ばですが、私たち皆、より高い目標を掲げ、どこかから始める必要があるのです。」サウンドトラックはMochipetによるカスタムオリジナルミックスで、歪んだ幻覚のようなサウンドスケープは、これから始まる歪んだ快楽主義の時代を表現。「今まで抑圧されていた欲求が開放される貪欲な夏になることが考えられるから、気をつけましょう。」