ISABEL MARANT ÉTOILE FALL/WINTER 2021 COLLECTION スポーツウェアの快適さとドレスアップに反する魅力を感じるスタイル

ISABEL MARANT ÉTOILEガールがストリートに戻ってきた。ISABEL MARANT ÉTOILE(イザベル マラン エトワール)2021年秋冬コレクションは、パリの石造りの建物の前にたつ彼女の”ロックダウンカムバック”ルックを提案する。スポーツウェアの快適さとドレスアップに反する魅力を感じるスタイル。フローラルプリントとテクニカルファブリックのレイヤード、ロマンティシズムとラディカル、60年代と70年代、フェミニニティとマスキュリニティ、昼と夜など、相対するキーワードを挙げている。ロゴ入りキャップの上にカラフルなスカーフを結び、フーディーをドレスに合わせ、オーバーサイズのパッファージャケットの襟もとではイヤリングが揺れている。また今シーズン、ISABEL MARANTのアイコンであるウェッジスニーカーがカムバック。新たに登場するウェッジスニーカー”Balskee”は、2010年に発表された”Bekett”スニーカーを新たにアレンジしたもの。ベルギー人フォトグラファーのQuentin de Brieyによって撮影された、ポップカラーとニュートラルトーンをミックス&マッチさせた本コレクションでは、ÉTOILEのワードローブの定番アイテムにさまざまな再解釈を加えている。荒々しさと暖かさを併せ持つルックビジュアルは、パリの街を散策するストーリーとなっており、最後にはパーティーが待ち遠しくなるラメのドレスを着たISABEL MARANT ÉTOILEガールが、ぼんやりと酔っているかのようなビジョンで締めくくられている。本コレクションは、直営店および公式ECストア(isabelmarant.com)、ISABEL MARANT ÉTOILE取り扱い店舗にて販売中。

©Quentin de Briey

 

■ISABEL MARANT ÉTOILE

https://www.isabelmarant.com/jp