花楓&Shogo「モデルとして、親として、そして夫婦として。」

Caede-Shogo_M_1Caede-Shogo_M_2

・結婚して、子供ができて、変わったことはありますか?

ーShogo:良い作品を作りたいって元々思ってたけど、もっとちゃんとやりたいって思うようになったんですかね。しっかりしなきゃいけないというか、今までと同じように仕事をしてるようで、今まで思っていたものとはまた違った責任感が出てきたかな。家に2人が待ってるっていうのが頭にあるから、意識が変わったのかもしれないですね。息子が産まれてからは、1年ぐらいかけてやっと”かぁちゃん”と同じ感覚まで行ったかなぁ。宇宙人でしたもん!一年間はそばにいるから育ててるけど、自分の子供として育ててるのかって言われたら、多分その頃は分かってなかったと思いますね。

ー花楓:不思議な感覚なんだと思う。絆は夫婦2人の方が強いのに、結局家族だけど血は繋がってないから、本当の繋がりとしての家族にはなれない。だけど、そういう2人が一緒になって、産まれてきたこの子が自分と血が繋がってて。お世話はちゃんとしてくれるし、本当になんでもやってくれる、でも”父ちゃんをしてる”っていう感覚だったのかな。もう今はしっくりきて、父ちゃんになってて、息子にも父ちゃん大好き大好きって言われてて。そういうのを見ると嬉しいんだろうなーって感じます。

ーShogo:女の子とかできちゃうとさらにやばいですよね。心配だから、仕事でなるべく遠くに行きたくないとか言い出しそうです(笑)。

ー花楓:私は息子の母親という誰にもできないことを担ったから、ちゃんとしなくちゃいけないって思って、だから自分のことを考える時間が少なくなったかな。息子を考えて、さらに帰ってくる旦那を考えて、ってなるとその時間が少なくなるから、自分の存在を忘れてっちゃう。どんどん、かぁちゃんになっちゃう。でも、モデルとしては綺麗でいて、日頃から意識して自分に刺激を作ってあげないといけない。だからこそ、撮影に行くと「花楓」っていうことをすごく感じて、私は私なんだって思える。仕事の帰りとか、一人の時間もすごく大切だなって思うから、この環境で働けることは幸せなんです。誰々の奥さん、誰々のママっていうのではなく自分っていう。しかも、やりたくない仕事じゃなくて、自分の本当に好きな仕事を、子供を産んでもできるってことが幸せで活力になります。息子が、家族がいるから頑張ろうとも思えるしね。

 

・2人目とか考えたりしますか?

ー花楓:うーんまだいいかなぁ。今すごく仕事も楽しいし、そのハッピーが家族だんらんにも繋がってて、このハッピーな中でそのうちできればいいかなぁって感じです。

ーShogo:僕はいっぱい欲しい、いつでも欲しいですけど(笑)。やっぱりね、仕事やりたいよね。

ー花楓:うん。普通の体ってこういうことだったって戻るまでに産んでから2年はかかるから、今ちょうど2年目で、やっぱり今のこの感覚が産む前の普通の感覚だなって、今になってやっと戻ってきました。一年前でさえ、骨盤のあたりのズレとかをすごく感じたし。年齢がどうとかではなく、人間の身体がちゃんと再生するのには時間がかかるようにできてるから、今もし2人目ができたとしたら負担がすごくかかるのかもしれない。今、本当に調子が良いからこそ働きたいって思うのかもしれないですね。

 

・お仕事とプライベートを両立する秘訣とかありますか?

ー花楓:うーん。お酒飲むの好きだし、2人ともすごい飲むから、そういう2人だけの時間を持つことかな。例えば、私の両親に子供を預けて見てもらって、2人でたまに飲みに行く時間を持つっていうのも大切。それがあるから頑張れるっていうのもあるし。

ーShogo:仕事がすごく不定期で、休みは決まってないけど、必ず週に一度は家族の時間を作るって決めてます。その1日を自然と触れ合うことに使いたくて。自分自身が釣りもするし、登山もするから。最初、花楓はインドアだったけど、僕が家族を引っ張って、巻き込んで。ジムも一緒に行って、運動したりしてバランスとろうとしてるかな。

ー花楓:うん、とれてると思うよ。彼はどっちかが、やらなかったらやらないってタイプじゃなくて、やらなくたって俺はやるってタイプだから、刺激をもらえる。私も元々はスポーツ大好きだったけど、この世界に入ってインドアになっちゃったタイプだから、連れ出してくれることにすごく感謝してる。こういう風にしてかく汗が気持ちいいんだっていうのを教えてくれた。おかげでバランスが整いました(笑)。

ーShogo:汗はかいたほうがいい!本当に。この間も息子を背負えるキッズキャリーを買って、背中に背負って家族3人で一緒に登山に行ったんです。結構きつかったと思うんですけど、一緒に同じことをしたほうが多分関係も深くなる。きつかった方がより絆も深くなると思うんですよね。僕が主催をしているボランティアにも年に1回は連れて行っていて、むこうの人達も息子や花楓が来ることを楽しみにしててくれるから、その一年に一回が大切な時間です。

 

・ボランティアまでお子さんも連れていかれているのですね。貴重な体験だと思います。

ー花楓:もうずっと妊娠したときから、今まで連れて行っていて、みんな孫のように可愛がってくれて有難いです。もう本当に幸せだよね。

ーShogo:母の日の直後に行ったときがあって、現地の自動販売機の下のとこに「お母さんありがとう」って言葉と一緒に花楓と息子の写真が入ってて、びっくりしました!そう、結婚式もしてくれたんですよ、あっちで、サプライズで。

ー花楓:妊娠してた頃で、ちょっと行くのやめとこうかなって思ったんですけど、あまりにもしつこく彼が誘うから、なんでこんなにしつこく誘うんだろうって思ってたの。実は、彼はサプライズのことを知っていて。炊き出しをしてる時に呼ばれて部屋をあけたら、ウェディングドレスとティアラがかかってたの!

ーShogo:僕もそのこと(ウェディングドレス)は全く知らなくて。

ー花楓:しかも、サイズもぴったりだったの!もうそこからずーっと泣きっぱなし。本当にずーっと。おばあちゃん達がみんなろうそくを持ってくれて、町の人みんなが集まってくれて。もう本当に家族みたいな感じ。実家がもう1つ増えたようなね。

 

・やっぱりボランティアを継続されてきたことが、町の人との絆になってますよね。続けることが難しい中で、継続されていることがすごいと思います。

ー花楓:そういう意味では、本当に彼には頭があがらない。3.11から毎月欠かさずに行っているから。彼の顔を一目見たいって思ってる人は本当にいっぱいいてくれるし、現場に行くと現地の人に愛されているのも感じます。Shogoの笑顔に救われてる人もいっぱいいる。

ーShogo:この間、実は引っ越しの前日に行ってたんですよ僕。それも許してくれて。

ー花楓:月曜日が引っ越しだったんだけど、金土日っていなくなっちゃって。それはさすがに、うーんって思ったけど止めれる理由なんて絶対なくて。引っ越しとボランティアとって考えたらね。本当はバカヤローってどんなタイミングで行こうとしてんだよって、言いたかったけど(笑)。

ーShogo:感謝してます。

 

・お引越しされたんですね。インテリアにもこだわりが?

ーShogo:そうですねー。でもこの分野の担当は花楓です(笑)。

ー花楓:元々ヴィンテージとかが好きだから、家具もアンティークが好き。物が多いんだけど、今回の引っ越しで部屋も若干狭くなるから、捨てる捨てないで大喧嘩(笑)。私は物が捨てれないのも嫌で、今後増えていくとも思うし、運命的な出会いの物もでてくると思うし、買わないっていうのも無理だから、ちゃんと捨てれる自分でいたいです。ときめくかときめかないかを考えて捨てています。中途半端なものは買いたくない。買うならずっと使えるものを。だからソファーとか高いものはまだ様子をみてって感じです。当分、家のことは完成しそうにないですね。

Caede-Shogo_N_1Caede-Shogo_N_2

・本当に良い関係ですよね。バランスも。子育てに関して意見が食い違うこともあったりしますか?

ー花楓:ある。全然あるよねー。子育ては一番夫婦がぶつかるとこだと思う。全く干渉しないのも無責任として喧嘩になるし、関わってもお互いに息子を真ん中に挟んで全然違う思いがあるから。

ーShogo:僕は、もう1歳から保育園にすぐ入れた方が良いっていう意見で。子供の中でのルールとかも分かるから少しでも早い方がいいんじゃないかって思うんですよね。

ー花楓:私は3歳までは自分たちはこういう職業だし、保育園に入れたとしてもそばに置いておきたい。ママの愛情いっぱいで。友達と遊ぶのは3歳からでもいいんじゃないかなって。2人の思いも熱いし、どっちも間違ってないから、喧嘩になったりもするよね。でもそれが普通なんだろうなって思うし、考えてる証拠なんだと思います。ま、でも結局子供のことに関してはShogoの言う通りにしてます。引っ越しの決断も早くて、引っ越す場所を決めるのもちゃんと区役所に行って、区がどういう体制なのか調べてくれて。タイミングは今じゃなくても良かったけど後々そうなるなら、納得できる体制と、保育園もちゃんとしてるし、彼が正しいのかなって思いました。話し合うからこそわかるってこともあるしね。二人ともが的確なことを言ってるのだけど、真っ直ぐの交わらない的確なことを言ってるから、難しいよね。

 

・3人でお仕事とかもあったりするんですか?

ーShogo:3人は一回もないね。花楓と息子だけとか、夫婦とかはあったけど。ま、自分でやりたいって言うまでは、なるべく出さないようにしてたんですよ。

ー花楓:でもやりたいって言われても、出したくないよね。自分が経験してるからこそ。自分のことすら分からない今ならいいけど、分かってしまってからだと逆にちょっと可哀想かなって。子供らしく泣いたり、笑ったりする時期に我慢をしなきゃいけない、大人と同じようにできなきゃいけないていうのは、一定のところまでくると心を閉ざしてしまう気がして心配です。

 

・今後、仕事、プライベートでやりたいことはありますか?

ー花楓:私は物作りも好きだから、何かしら自分の頭の中にある色を、自分の手で何か作るってことをやりたいかな。それが常に目標というか、少しずつ少しずつ自分で動いてます。モデルの仕事もやりつつ、自分のことも中から磨きつつ、誰かの力でじゃなくて自分だからこそできることを。子供が生まれて感覚も変わったから、こういう感覚になったところからの物作りってどんなものができるのかな?って。トライしてみたいです。後は、3人で出かける時間を増やして、自然の中で遊べて学べる時間をもっと持ちたいなって思います。自然と触れ合ってる時の彼が本当にキラキラしてるから、そういうお父さんと息子が一緒にいられる環境が大切だなって思います。

ーShogo:本気でサッカーとかやりたいよね。

ー花楓:まだ、蹴らずに手で持っちゃうからね(笑)。

ーShogo:キーパーだよキーパー。僕もキーパーだったんで。実は、ノイアー(マヌエル・ノイアー選手)と息子が一緒の誕生日なんです。僕は、家族が一番小さい共同体だから大事にしたいって最近強く思いますね。今までは外の仕事だったり、ボランティアだったりにパワーを注いでたんですけど、どっちかというと今は家族をちゃんと大事に、強くしていきたいなって思います。

 

・良いお父さんですね。

ー花楓:そう、だから家に帰って来たいって思えるぐらい夫婦が仲良くしてないと、お父さんだから帰ってこなきゃいけないんだっていう感覚にはなってほしくないってよく話し合います。結婚する前の、出会った当初のまま仲良くいれる方法を常に探っていかなきゃ、絶対的にお互いが雑になっていくので。カップルから夫婦になって、家族になっていくと寂しいなって思うところがありますね。みんなそうだと思うけど、ずっと恋愛してたいっていう感覚は結婚してからも一緒。お互いがときめいてないと、危機感を常に持ってないといけないと思う。どういう風にしてたらまた可愛いって言ってくれるかなとか、強い”かあちゃん”としての言葉しかなくなってくると、自分でも気づいた時に落ち込んだりします。女なんだっていう意識をすれば、ずっと女性でいられる。それはとても素敵なことですしね。彼が会話とかで雑になっているのに、気づいてない時はちゃんと言いますよ。なるべくそういうのは減らしていきたいし、お互いに高い意識を持っていたい。私にとっては一番そこが大事かもしれないですね。今日1日をちゃんと女であって、男でいるかっていうところ。尊敬し合えるとこがお互いにないとダメなのかなって思うし、お互い色んなことをやっていても、そういることで応援し合えるんだと思うんです。

Caede-Shogo_N_3Caede-Shogo_N_4 Caede-Shogo_N_5

PHOTO_Ena Kitamura

 

■BARK in STYLe

http://www.barkinstyle.jp/

 

 

 





MATCHESFASHION.COM - JP