Sergio Rossiがラグジュアリースキンウェアの世界的リーダーである「Wolford(ウォルフォード)」とのスペシャルなカプセルコレクションを発売 キャンペーンビジュアルにケイト・アンダーウッドを起用

Sergio Rossi(セルジオ ロッシ)は、ラグジュアリースキンウェアの世界的リーダーであるWolford(ウォルフォード)とコラボレーションしたスペシャルなカプセルコレクションを、1月25日より、sergiorossi.comwolford.com、一部直営店舗にて発売中。セルジオ ロッシは1951年の創業以来、アイコニックなイタリアン・ラグジュアリー・シューズブランドとして歴史を築きあげてきた。今回のコラボレーションは、クラフトマンシップ、女性らしさ、モダンなデザインやエレガンスといったウォルフォードの価値観を体現しており、両ブランドが有する世界観の最大値を結び付けたカプセルコレクションとなっている。両社はランバン・グループの一員であり、ウォルフォードのThe Wラボラトリーにおける革新的なビジョンの証として、それぞれが70年にわたりファッション特有の世代を超えた専門知識という共通のヘリテージを蓄積してきた。ニューヨークで撮影されたこのキャンペーンはヘルムート・ニュートンへの賛辞であり、彼はそのキャリアにおいて、女性らしさ、自立、身体のエンパワーメントをウォルフォードとセルジオ ロッシの両ブランドと共に表現していた伝説の写真家。映画「ブライトライツ・ビッグシティ」に登場する高層ビルのルーフトップを想起させる強い印象を残す画期的な写真は、大胆で自信に満ちた女性の姿を示し、エヴァンジェリー・スミルニォタキのストーリーテリングによって現代のグラマラスなタッチが巧みに具現化されている。キャンペーンビジュアルには、モデルにケイト・アンダーウッドを起用し、フォトグラファーのハリス・ファルサラキス、映像監督のルスラン・ペリク、スタイリングはサンディ・アルメニが担当した。デイタイムからナイトタイムまで洗練された舞台の中心で魅了するコレクションは、7型のピースで展開。卓越した職人技術への賛辞。セルジオ ロッシでは、1足に120工程・14時間を要し、ウォルフォードのタイツは20以上のチェックを経て、全工程の15%は徹底した品質管理に費やされている。挑発的で独創性の高いサスペンダータイツ、極めて小さな装飾スタッズがレッグ全体にあしらわれたタイツ、ダブルのブランドネームがきらめくソックス、鮮やかなカラーパレットのライクラ製フィットタイツなど、素晴らしいスキンウェアが生み出された。2型展開するジャンプスーツは、魅惑的でソフトなジャージー生地に、ハート形のカッティングがあしらわれたスタイルと、フロントをクラシックなタートルネックに背中が大きく開いたデザインに仕上げており、セルジオ ロッシの象徴的な構造でデザインされた、センシュアルな膝上丈のステイアップ・オーバー・ニー・ブーツは、この最新のファッションの親和性を象徴している。セルジオ ロッシとウォルフォードによるスペシャルなコラボレーションコレクションで、未来を見据えた2ブランドの取り組みをあなたの肌で感じてみては。

■Sergio Rossi × Wolford

2023年1月25日(水)sergiorossi.comwolford.com、一部直営店舗にて発売 / ダブルネームソックス ¥17,600、ライクラ製フィットタイツ ¥23,100、スタッズタイツ ¥67,100、キャットスーツ ¥97,900、オーバー・ニー・ブーツ ¥143,000(全て税込)

お問い合わせ:セルジオ ロッシ カスタマーサービス / TEL 0570-016-600

www.sergiorossi.com