BURBERRYが「イヤー オブ ザ ラビット 2023」キャンペーンを公開 ビジュアル&ムービーに俳優のチー・シーとシー・ポンユェン、サッカー選手のジャオ・リナが出演

BURBERRY(バーバリー)は、未知なるものへの飛躍を祝福するブランドの冒険心に基づき、「イヤー オブ ザ ラビット 2023」キャンペーンを公開。このキャンペーンは、俳優のチー・シー氏、シー・ポンユェン氏、サッカー選手のジャオ・リナ氏が出演し、ビデオディレクターのジカ・リウ氏とフォトグラファーのスカイ氏が撮影した。3部構成からなる映像の中で、登場人物らは新たな視点を得るチャンスにあふれるオープンスペースを旅している。非日常的な体験を通して、自信、情熱、クリエイティビティを見出す機会となっている。うさぎ年からインスピレーションを受けて、トーマス・バーバリー モノグラムをうさぎの耳で遊び心たっぷりに表現したエクスクルーシブなコレクションが登場。ウィメンズウェア、メンズウェア、チルドレンズウェア、ブランドシグネチャーのローラバッグ、小物やシルクスカーフまでさまざまなアイテムが展開される。うさぎはコレクション全体で使用されているキーモチーフで、カートゥーンに着想を得たコミカルな総柄や、背中合わせになった2匹のうさぎの耳がハート型になっているデザイン、バーバリーのロゴ上にうさぎの耳をあしらったものなどがある。ウィメンズウェアのアウターウェアでは、リバーシブル キルティングジャケットが登場。オーバーサイズシャツとシャツドレスは、イタリアで織り上げたシルクブレンドを使用し、コントラストの効いたパイピングとバーバリーの刺繍ロゴでスタイリングされている。ニットウェアには、クラシカルなクルーネック ジャカードカーディガンや、うさぎ年を祝うモチーフをあしらったインターシャ セーターなどがある。そのほかにも、Tシャツやフーディー、ジョギングパンツ、スカートなど、シーズナルのグラフィックをプリントしたアイテムがラインナップ。メンズウェアでは、フリース、パファージャケット、ヴァーシティ ジャケットには、トーマス・バーバリー モノグラムとうさぎ年を祝うモチーフが刺繍、アップリケ、プリントなどによって施されている。チルドレンズウェアは、フーデッドトップ、スウェットシャツ、ジョギングパンツ、ニットウェア、ヴァーシティ ジャケットには、プレイフルなうさぎのグラフィックが施されている。ローラバッグは、うさぎの刺繍とトーマス・バーバリーモノグラムのディテールを施した、ブラックレザーと手触りの良いホワイトファブリックで再解釈された。ミニ フレヤトートは、赤いキャンバス地にトップステッチを施した黒のレザーでトリミングし、フロントポケットに配したバーバリーロゴの刺繍がアクセントになっている。クラシックなカシミアスカーフには、ダークバーチブラウンのバーバリーチェックをあしらい、トーマス・バーバリーモノグラムとうさぎ耳が刺繍されている。フリースやギャバジンなどさまざまな素材で展開するベースボールキャップやブラック クリスタルをフィーチャーしたウールビーニーにはプレイフルなうさぎ耳モチーフがあしらわれている。アイウェアでは、クラシックなオプティカルフレームと大胆なオーバーサイズシルエットのサングラスは、シグネチャーのローラバッグからインスパイアされたバーバリーチェックが、テンプルに質感豊かに取り入れられている。バーバリーの「イヤー オブ ザ ラビット 2023」と共に、2023年を過ごしてみては。

© Courtesy of Burberry / Sky

 

■BURBERRY「イヤー オブ ザ ラビット 2023」

https://jp.burberry.com/c/year-of-the-rabbit/