クロエの2023年スプリングコレクションより、英国のヘリテージブランド「バブアー」とのコラボレーション「Barbour x Chloé」を発売

Chloé(クロエ)は、英国のヘリテージブランドBarbour(バブアー)とのコラボレーション「Barbour x Chloé」を、12月9日より、全世界のクロエブティック、barbour.com、各国のバブアー取り扱い店舗にて発売中。バブアーのジャケットは、クロエのクリエイティブ· ディレクターであるGabriela Hearst(ガブリエラ・ハースト)の、カウボーイであった父親そして継父が、ウルグアイにある実家の牧場での作業の際に着用していたことから、個人的に思い入れがあるもの。「Barbour x Chloé」のレディ・トゥ・ウェアは、クロエが1910年代のバブアーのアーカイブを参考にデザインを行い、バブアーが製造。今回のコレクションは、ショルダーにフリルが用いられ、クロエではお馴染みの翼のようなシルエットを特徴としたDanyコートとDustynジャケットに加え、Hadrienケープの3型で構成されている。アクセサリーは、バブアーの素材を用いてクロエが製作している。ミディアムとラージの2サイズからなるEdithバッグ、Malloブーツ、コンバットスタイルのNouaブーツ、シルクのスクエアスカーフ、バケットハットが登場。また、バブアーのアイコニックなワックスドコットン素材を使用し、カラーは、ナイトスカイ、ピート、フォレストで展開され、一部のアイテムには、バブアーのシグニチャーである、タータンチェックを取り入れている。バブアーは、1894年の創業以来、目的に対する適応性と機能性に根差している。2021年には、顧客がより長くワックスドプロダクトを愛用できるようサポートするサービス「RE-WAX」の100周年を迎えた。バブアーが過去100年にわたり実践してきたこのサービスは、クロエのサステナビリティというコアバリューに完璧に一致するもの。「Barbour x Chloé」コレクションで、両ブランドの融合を楽しんでみては。

■Barbour x Chloé

2022年12月9日(金)より全世界のクロエブティック、barbour.com、各国のバブアー取り扱い店舗にて発売中

https://www.chloe.com/jp