GIVENCHYがニック・ナイト撮影による2022年秋冬グローバル広告キャンペーンを公開 モデルにヴィットリア・チェレッティ、リヤ・ケベデ、エセル・ケインらを起用

GIVENCHY(ジバンシィ)は、クリエイティブ・ディレクターのマシュー・M・ウィリアムズの着想に基づき、フォトグラファーのニック・ナイトが撮影による2022年秋冬グローバル広告キャンペーンのビジュアルを公開。2022年秋冬レディ・トゥ・ウェアコレクションの流れを汲むこのキャンペーンは、ジバンシィの新しいビジュアル・ストーリーを提起する。対照的なムードと素材が、親密でありながら普遍的な瞬間を表現し、現実と超現実の間の緊張感をさりげなく呼び起こしている。霊妙な光を浴びながら、多彩な顔ぶれがジバンシィの個性的なスタイルを体現し、表面的な美しさにとどまらない豊かな内面世界を表現している。モデルには、ヴィットリア・チェレッティ、リヤ・ケベデ、エセル・ケインのような新進気鋭のアーティストが起用。マシュー・M・ウィリアムズは、「今シーズンのキャンペーンに登場するモデルたちは、ジバンシィが今意図することを如実に表しています。彼らはユニークでジャンルにとらわれない独自のアイコンなのです。」と話している。ヴィンテージの花柄の壁紙とピンクのベッドカバーで飾られたベッドルームと、エセル・ケインが身を包むエッジの効いたフラウンス付きストラップレス・キャミソールドレスの都会的なアティテュードは対照的に描かれ、モデル兼活動家のリヤ・ケベデは、ブラックパールやしなやかなギャザーが入った『Kenny』バッグなど、大胆なステートメントアクセサリーを身に着けて登場し、プレイボーイ・カルティは、ジバンシィのランウェイで着用したブラックレザーのカーゴパンツに、フルレングスのグローブや革新的なスニーカー『TK-360+』といった今シーズンのキーアクセサリーを合わせ、落ち着いたポーズをとっている。別の場面では、ヴィットリア・チェレッティがうねるアニマルプリントのカーテンの前に立ち、ブラックレザーのキャミソールドレスに『G-Hobo』バッグを合わせ、見る人の視線の先にある動きの渦を取り込んでいる。ジバンシィの2022年秋冬グローバル広告キャンペーンを、チェックしてみて。

クリエイティブ・ディレクション:マシュー・M・ウィリアムズ / アートディレクション:サラ・ジェイン・トッド / フォトグラファー・ビデオ:ニック・ナイト / モデル・タレント:ヴィットリア・チェレッティ、リヤ・ケベデ、エセル・ケイン、リヤヤ・ケベデ、プレイボーイ・カルティ

 

■GIVENCHY 2022年秋冬グローバルキャンペーン

www.givenchy.com