FENDIが「バゲット」の誕生25周年を記念し、マーク・ジェイコブスやティファニー、サラ・ジェシカ・パーカー、ポーターとの特別なコレクションを発表

FENDI(フェンディ)は、「バゲット」誕生25周年を記念し、特別なコレクション「フェンディ バゲット25周年 記念コレクション」を発表。フェンディのキム・ジョーンズとシルヴィア・フェンディ、マーク・ジェイコブス、ティファニー、サラ・ジェシカ・パーカー、そしてポーターによるコレクションが、このバッグとポップカルチャーの歴史に確固たる地位を築く都市、ニューヨークに敬意を表している。その対象そのものと、時代のある瞬間、そして場所が持つスピリットとジオグラフィーからインスピレーションを得て「バゲット」は服としてもアクセサリーとしても、多種多様に作り上げられ、このアイコニックなアイテムに劣らない作り手自身を表しながらも、身に着ける人の喜びと祝福の感覚を決しておろそかにはしていない。アップタウンとダウンタウン、ラグジュアリーと実用性、過剰さとリアリティーとの荒削りなロマンスを表す今回のコレクションにおいて、「バゲット」と、そこからインスパイアされた服やアクセサリーは、歴史のある瞬間を切り取るとともに、現在まで脈々と受け継がれている一部でもある。フェンディからは、このバッグに欠かせない実用性がマルチポケットのモチーフとなって、コレクション全体に拡散している。紛れもない「バゲット」の形が、ミニやマイクロサイズのポケットとなって、パーカーからゲートルまでさまざまなアイテムに姿を現し、グローブ、ハット、スカート、セーターと身体の至る所について回り、もちろんバッグ自体にも新たな縮小版として付属している。マーク ジェイコブスからは、過去の華美と現代の質素が対比され、そうすることで、彼のコレクションにおけるコスチュームの概念を払拭している。きらびやかにして冷徹なニューヨークの景観を反映し、パラシュートトレーンスカート、バルーンバックのブロークンデニムジャケット、衣ずれの音をたてるセロファンのオペラケープ、蛍光色のリサイクルファーのストールやハットなど、カジュアルがフォーマルに仕立てられている。2つのメゾンの出会いは「フェンディ・アット・ティファニー」と名づけることができるかもしれない。今回、数々の物語で有名なこのニューヨークのブランドが「バゲット」を迎え、スターリングシルバー、エナメルクロコダイル、ホワイトゴールドやダイヤモンドを使うことで、最も貴重な形に生まれ変わらせている。「これはバッグじゃないの、バゲットよ!」。一斉風靡した「セックス・アンド・ザ・シティ」の劇中で、主人公を演じたサラ・ジェシカ・パーカーがこの台詞を言い放ったとき、「バゲット」はポップなバッグの頂点に達した。それは彼女のカプセルバッグ、いえ、「バゲット」の1つ1つに刻まれているステートメントでもある。シルヴィア・フェンディとともにデザインされ、パープル、ワサビベビーピンク、またはソフトブルーのグラデーションスパンコールが刺繍されたバッグは、持つ人の気分に合わせて4種類のバックルを取り換えることが可能となっている。対照的に、吉田カバンのメインブランドであり日本有数のバッグブランド、ポーターの優れた実用性は、明らかにマスキュリンな特性をもたらしている。「フェンディ バゲット25周年 記念コレクション」のように、”バゲット”を楽しんでみては。

左:Sarah Jessica Parker 右:Kate Moss

左:AWICH 右:Song Hye Kyo

左:Lee Min Ho 右:Evan Mock

Winnie Harlow, Kim Kardashian

 

■FENDI BAGUETTE 25th ANNIVERSARY COLLECTIONS

お問い合わせ:フェンディ ジャパン / TEL 03-3514-6187

www.fendi.com