世界的に有名で受賞歴のあるミシュランスターシェフ“トム・エイキンズ”が「The Jade Room + Garden Terrace」を東京エディション虎ノ門にオープン 革新的で世界的に有名なダイニング・エクスペリエンスを証明

世界的に有名で受賞歴のあるミシュランスターシェフのトム・エイキンズは、10月1日に「The Jade Room + Garden Terrace(ジェイド ルーム + ガーデン テラス)」を、東京エディション虎ノ門にオープン。近年では2021年の世界のベストニューホテルを紹介するConde Nast Traveler誌のホットリスト、そしてTravel + Leisure誌のイットリストにも選出された東京エディション虎ノ門にオープンする新しいレストランは、エディションブランドがその名を知られる、革新的で世界的に有名なダイニング・エクスペリエンスを証明する。31階のロビーに隣接する「The Jade Room + Garden Terrace」は、ローカルにも旅行者にも親しまれる新鮮で革新的な料理を提供する、ホテルのシグネチャーレストラン。トム・エイキンズのメニューは日本の文化と料理に根付く変幻自在さと表現の豊かさを称えながら、多様かつ洗練された調理技術によってコンテンポラリーな和と洋のフュージョンを生み出すことでその可能性をさらに押し広げており、それらはすべて東京タワーと東京のスカイラインを望む、息をのむような景色を眺めながら楽しむことができる。Jade Roomでは、レストランの穏やかな空間で、トム・エイキンズによって生み出された料理を、4皿または6皿コースのテイスティングメニューやアラカルトメニューを楽しむことができ、季節ごとに変わるメニューが提供される。レストランでは、新しい味や意外なフレーバーを打ち出したエキサイティングなセレクションのカクテルやワインメニューを紹介してくれる。「The Jade Room + Garden Terrace」へ入る際、ゲストは写真家 山本昌男の作品が飾られたエントランスを通して、活気あふれる空間へと迎え入れられる。贅沢なウォールナット材パネルの床や壁、円形のベンチシート、ジュエルグリーン(翡翠色)のスツールを配した上品なカウンター席、アーティスト ジョン・ジャクソンによるカスタムメイドの絵画が空間を彩り、ゲストを虎ノ門エリアという大都市の真ん中に現れた魅惑的なガーデンへと導く6本の象徴的なシラカシの木や200本の鉢植え植物が、この空間を完成させている。Jade Roomから一歩出るとそこは、地上140mの高さから東京の街を見下ろすGarden Terrace。夏期のみオープンするGarden Terraceでは、季節ごとに移り変わるグリーンが穏やかで魅力的な空間を創り、忙しい都会の日常からゲストを解き放つ。Garden Terraceではカクテルやシェアリングスタイルの小皿メニューを提供。東京エディション虎ノ門は、日本文化の卓越性、エレガンス、シンプルで純粋なアプローチと、エディションの情熱、感情、洗練性、永続的な現状打破、固定概念を覆しこれまでなかった全く新しい何かを創造する願望との絶妙なバランスを体現している。このエレガンスとシンプリシティによるシナジーと既成のスタイルの打破は、東京エディション虎ノ門のレストランやバーのいたるところに発揮されており、トム・エイキンズが創りだすエクスペリエンスの中にも表れている。トムのメニューは、何よりもまず食材と産地にこだわり、そして季節感と多様性を追求し、さらにインターナショナルな表現との融合を意識している。東京エディション虎ノ門にオープンするミシュランスターシェフのトム・エイキンズによるレストラン「The Jade Room + Garden Terrace」で、都心のパノラマを眺めながら季節の味わいを堪能してみては。

■東京エディション虎ノ門「The Jade Room + Garden Terrace」

2022年10月1日(土)オープン / 東京都港区虎ノ門4-1-1 東京エディション虎ノ門31F / 予約:03 5422 1630またはjaderoom@editionhotels.com

Jade Room:ランチ(土・日) 4皿のコース ¥10,000 / ディナー(水~日) 4皿のコース ¥16,000 6皿のコース ¥20,000、アラカルトメニューセレクション ※消費税・サービス料込

Garden Terrace:水~日 シェアリングスタイルの小皿料理

営業時間:ランチ 12:00~14:30 / ディナー 17:30~21:30 / ガーデンテラス 12:00~21:30

www.marriott.co.jp/tyoet