Desigualがマリオ・ソレンティのレンズで捉えた2022年秋冬新キャンペーンにモデルの”グレイス・エリザベス”が登場 デシグアルの歴史がエキサイティングな新章に突⼊

Desigual(デシグアル)は、マリオ・ソレンティのレンズで捉えた2022年秋冬シーズンの新キャンペーンを、9月8日より公開した。今回のキャンペーンは、デシグアルを愛するファンだけでなく、⾃分が選んだ服やアクセサリーを通じて本当の個性を表現したいという願望を持つ、全ての新世代の⼥性達に魅⼒を伝えることを⽬的としている。ブランドの本質を捉えた洗練されたルックでは、重ね着と⼤胆な組み合わせで、ダイナミズム・個性・前向きな姿勢が表現されている。本キャンペーンを通じて、そんな新世代の彼⼥達のインスピレーションになりたいと強く考えており、グローバルに向けた⼒強く明確なメッセージとなっている。今シーズンのキャンペーンモデルはヴィクトリアズ・シークレットやエスティ・ローダーのイメージモデルをつとめ、フェンディ、シャネル、スキャパレッリなどのランウェイを歩いた経験をもつグレイス・エリザベス。キャンペーンのカラー画像では、若いユーザーにアピールする2つの新しいデザインを取り⼊れている。チェックシャツは様々なレイヤードルックに最適なアイテムとなっており、⻩⾊いスウェットには、デシグアルのDNAである⼒強いメッセージが書かれている。ボリュームのあるパファージャケットは、インパクトのある90年代テイストのレタープリントパンツとチェックシャツを引き⽴てている。テクスチャード加⼯のTシャツの上に、プリントのリブドレス、チェックシャツ、そしてバックパックに変形できるマルチポジションバッグをスタイリングしている。キャンペーンにはもちろんニットウェアも登場。ファーの質感が特徴的なフワフワのマルチカラーセーターが⽬を引く。また、この秋の1つのトレンドである”クラフトコア”。職⼈の⼿によって作られたようなかぎ針編みのテクスチャーのコートで、季節に合わせるだけではない、ボリュームのあるシルエットとプリントのコントラストを楽しむレイヤードルックを提案している。デシグアルが得意とするデニムルックは、2022年秋冬キャンペーンの最後に堂々と登場。それぞれ異なる⾊合いのデニムパネルを組み合わせたコートとパンツ、更にミニスカートをその上に重ねることで、このスタイリングは構成されており、カマキリにインスパイアされたプリントドレスとアイコニックなバッグがルックの最後を飾っている。Desigualの2022年秋冬新キャンペーンで、あなたらしさを表現してみては。

■Desigual

お問い合わせ:デシグアル(東京 銀座中央通り) / TEL 03-6264-5431

https://www.desigual.com/