JIMMY CHOOがカーリン・ジェイコブス撮影による2022年秋キャンペーンの主役にケンダル・ジェンナーを起用 グラマラスで自信のみなぎる大胆なスピリットを表現

JIMMY CHOO(ジミー チュウ)は、2022年秋のキャンペーンの主役にケンダル・ジェンナーを起用。2021年の秋のキャンぺーンテーマ『TIME TO DARE(大胆に挑戦するとき)』のシリーズを引き続き展開する。フォトグラファーのカーリン・ジェイコブスがロサンゼルスで撮影を手掛けたこのキャンペーンには、ジミー チュウのグラマラスで自信のみなぎる大胆なスピリットが表現されている。ジミー チュウの現代の女神像として、プライベートでデカダンなセットを背景に、堂々とポーズをとるケンダル。その彼女のまなざしと存在感は力強く、魅力的で自信に満ちあふれている。ブラックやゴールドなどの主力のトーナルカラーと並んで今季のシグネチャーカラーとなるキャンディピンクに彩られたVARENNE AVENUE QUAD(ヴァレンヌ アヴェニュ― クワッド)ハンドバッグは、特に注目すべきアイテム。ケンダルは、DREECE(ドリース)や BLAKE(ブレイク)といったブーツとのコーディネートで、主張がありながらも非常に着心地のよいスタイリングを提案している。また、オフタイムに欠かせないDIAMOND LIGHT MAXI(ダイアモンド ライト マキシ)スニーカーのようなカジュアル感の高いスタイルにも光を当てており、プールサイドでくつろぐケンダルの自然体の姿からは、エフォートレスな魅力がストレートに伝わってくる。また、その存在感を際立たせているのが、迫力あるポーズや生き生きとしたカメラアングル。きらびやかで壮麗な雰囲気が漂う撮影現場で、どのシーンでもそれを圧倒しているのがケンダル。トピアリーに寄りかかった遊び心のあるドラマチックな演出から、プールサイドで佇むポーズまで、彫像のように均整の取れた彼女の姿に心を奪われるばかり。本キャンペーンは、9月1日より世界各地で展開されている。JIMMY CHOO 2022年秋のキャンペーンの主役ケンダル・ジェンナーの魅力を堪能してみて。

Model:Kendall Jenner / Photographer:Carlijn Jacobs / Stylist:Kate Burnett / Creative Direction:Sandra Choi / Film Director:Tom Schopler / BTS Photographer:Samuel Alemayhu / Hair:Mustafa Yanaz / Make-up:Sam Visser / Production:The Production Club

 

■JIMMY CHOO AUTUMN 2022 Campaign

お問い合わせ:JIMMY CHOO(ジミー チュウ) / TEL 0120-013-700

https://www.jimmychoo.jp/ja/home