SWAROVSKIが世界的に有名な磁器メーカーRosenthal(ローゼンタール)とのコラボレーションによる「Signum コレクション」を発売 食卓にさらなる魅力をお届け

SWAROVSKI(スワロフスキー)は、有名な磁器メーカーRosenthal(ローゼンタール)とのコラボレーションによる「Signum コレクション」を、8月26日より、一部のSWAROVSKIストアにて順次発売。スワロフスキーは食卓にさらなる魅力をお届けする。スワロフスキーのクリエイティブ・ディレクターであるジョバンナ・エンゲルバートがデザインを手がけ、ローゼンタールの磁器専門家と共同開発。喜びの瞬間をテーマに、革新を続ける両ブランドの伝統とクラフツマンシップを丁寧に体現したコレクションとなっている。今回スワロフスキーは、繰り返し使われてきた魅惑的な八角形のモチーフをベースとした、初めてとなるブランドパターンを取り入れている。19世紀のオーストリアの芸術運動から着想を得たこのコレクションは、芸術とクラフツマンシップを現代的に解釈したアプローチで、楽しくも洗練されたレトロフューチャーな雰囲気を漂わせる。ドイツのローゼンタール社は、工芸品への深い造詣と細部への徹底的な気配りにより、芸術性と使いやすさを兼ね備えた製品を生み出している。さまざまな受賞歴のある優れたデザインで知られる同社は、魅惑的かつ生き生きとしたカラーリングで、人々をクリスタルなライフスタイルへと誘う。「Signum コレクション」は、ブランドが培った伝統への敬意を豊かなディテールで表現している。スワロフスキーのブランドカラーであるグリーン、ブルー、イエロー、ピンクを、手描きのゴールドで縁取ったグラフィックデザインで表現しており、八角形のモチーフと併せて、このようなディテールもスワロフスキーの伝統とジュエリーのデザイン・制作におけるクラフツマンシップを想起させる。スワンの彫刻が施されたカットクリスタルのスタイリッシュな蓋や、センターに配されたスワロフスキーのゴールドのスワンマークが、魅力的なコレクションにさらなる豪華さを添える。フォルムからプリント、繊細な手描きの装飾まで、あらゆる要素にローゼンタールの職人技が現れている。ティーセット、エスプレッソセット、フルダイニングセットなどを揃えたコレクションはバーダントグリーンで展開しており、単品でも、他のカラーリングの商品との組み合わせでも楽しめるようデザインされている。さまざまなアイテムと合わせることで、多様で現代的なクールさを漂わせる、自分だけのテーブル空間を演出することができる。「Signum コレクション」は、テーブルコーディネートの喜びである”食卓の芸術”に敬意を表し、現代の暮らしに新鮮なアプローチで芸術と伝統的な技術をプラスする。スワロフスキーとローゼンタールによる「Signum コレクション」で、あなたの食卓に華やかさをプラスしてみては。

プレート 左:29cm ¥14,300 右:25cm ¥13,200(共に税込)

プレート 33cm ¥27,500(税込)

プレート 10cm ¥6,600(税込)

プレート 左:34cm ¥37,200 右:40cm ¥41,800(共に税込)

ボウル 左:蓋つきボウル 1.95L ¥95,000 右:ソーシエール 0.53L ¥50,600(共に税込)

ボウル 左:ラージ 25cm ¥41,800 右:スモール 19cm ¥28,600(共に税込)

ティー&コーヒー ティーカップ アンド ソーサー セット ¥44,000(税込)

ティー&コーヒー 蓋つきマグ ¥27,500(税込)

ティー&コーヒー 左:蓋つきティーポット 1.2L(6名用) ¥77,000 右:蓋つきティーポット 0.8L(2名用) ¥55,000(共に税込)

 

SWAROVSKI×Rosenthal「Signum コレクション」

2022年8月26日(金)より一部のSWAROVSKIストアにて順次発売

展開店舗:スワロフスキー銀座、スワロフスキー新宿、スワロフスキー神戸、JR 名古屋高島屋店(9階)、日本橋高島屋店(7階)、東武池袋店、横浜高島屋店(7階)、新宿高島屋店(10階)、大丸神戸店(7階)、京都高島屋店(6階)、京王新宿店、富山大和店、阪急西宮ガーデンズ店、西武池袋店、そごう千葉店、玉川高島屋 S.C 店、伊予鉄高島屋店、そごう広島店、大丸心斎橋店、大丸東京店

https://www.swarovski.com/