VALENTINOが2022-23年秋冬コレクション「ピンクPP」の広告キャンペーンを公開 女優の”ゼンデイヤ”とF1レーサーの”ルイス・ハミルトン”を起用 #ValentinoPinkPPCollection

モデル:ゼンデイヤ / フォト:マイケルベイリー・ゲーツ / ヘア:アントワネット・ヒル / メイクアップ:シェイカ・デイリー / ビデオ:マルセル・レヴ / プロダクションデザイナー:マイケル・グラスリー / イメージアーキテクト:ロー・ローチ

VALENTINO(ヴァレンティノ)は、女優のゼンデイヤとF1レーサーのルイス・ハミルトンを起用した2022-23年秋冬コレクション「ピンクPP」の広告キャンペーンを公開。モノクロームのコレクションの一瞬をとらえたスチール写真。ピエールパオロ・ピッチョーリは、2022-23年秋冬コレクションを潔く一色に絞り込んだ。それはまるで視覚的に表現された詩のよう。やさしくもあり破壊的でもある。それはモダンなレンズを通してヴァレンティノのレガシーと対話する、タイムレスなカラーを作りたいという情熱に駆られた、探求と必要性の結果でもある。コレクションの広告キャンペーンにおいては、ゼンデイヤ、ルイス・ハミルトン、それぞれのビジュアルが、あらゆるルールから解き放たれた「ピンクPP」一色の空間で撮り下ろされている。ウィメンズの広告キャンペーンでは、「ピンクPP」の空間で自由という感覚を体現するゼンデイヤを、写真家のマイケルベイリー・ゲーツが撮影し、すべての写真は、ひとつのムーブメントのポートレートになる瞬間をとらえている。また、アメリカのテレビドラマ『Euphoria』で知られるマルセル・レヴが、ヴァレンティノの2022年春夏コレクション「ランデヴー」のキャンペーンに続き、今シーズン再び動画制作を担当し、映画のような雰囲気の作品を制作。スタジオ中央のソファが超現実的な「ピンクPP」ワールドへのポータルのような役割を果たし、夢のようなシナリオを呼び起こす。メンズの広告キャンペーンにおいては、写真家のニコラス・カーンが、マニフェストが手書きされたパーソナルなピンク一色の背景の中で、思慮深く象徴的なポーズをとるハミルトンの姿を撮影。あらゆるルールから解き放たれニュートラルなカラーとなったピンクは、ファッションのサインを再構成する可能性を秘めている。それは明晰夢であり、インクルーシブでコミュニティの一部になるということ。ヴァレンティノのメンズ広告キャンペーンにおいてハミルトンは、スポーツで見せる一面とは異なる、メゾンのすべてのバリューを体現する姿を見せている。ゼンデイヤとルイス・ハミルトンが登場するVALENTINO 2022-23年秋冬コレクション「ピンクPP」の広告キャンペーンで、あなたの中の自由という感覚を解き放ってみては。

モデル:ルイス・ハミルトン / イメージアーキテクト:ロー・ローチ / フォトグラファー:ニコラス・カーン / メイクアップ:ハンナ・マリー

 

■VALENTINO 2022-23年秋冬コレクション「ピンクPP」

https://www.valentino.com/