JIL SANDERが2022年秋冬のキャンペーンイメージを発表 写真家クリス・ローズと手を組み、都市や自然の中でビルボードとして見せる静物画のシリーズとして構想

JIL SANDER(ジル サンダー)は、2022年秋冬のキャンペーンイメージを発表。ルーシー&ルーク・メイヤーが写真家のクリス・ローズと手を組み、都市や自然の中でビルボードとして見せる静物画のシリーズとして構想された。ウィメンズおよびメンズコレクションのアイコニックなアイテムは、建築的な要素として捉えられ、周囲の環境の一部になる。ゴールドのミュール、アルミニウム製のブレードヒールが付いたブラックのパンプスの輪郭、丸いラピスラズリをちりばめたシルバーのネックレス、平らな円盤状のジュエリー、細長いカンノーロバッグの円筒の形、シルバーのスリングバック、シルバーの棘が爆発した様なブローチ、赤いハート型のチャームがついた膨らんだハンドバッグ、正面から捉えた光沢のあるブラックのブーツのポインテッドトゥ。小さいものは大きく、身体のパーツは、景観の如く描かれている。私たちが身につけるもの、私たち自身の姿は、私たちが生活する空間の一部。物体は本来のサイズ感を失い、超現実的表現になることで、私たちの物の見方に疑問を投げかける。何気なく通りすぎる人々と、異なる景色を共有し、相互作用する思考。キャンペーンのイメージ、そこに投影されるアイコニックなアイテムは、私たちが見るものを感じるものに変えてくれる。これが、このキャンペーンに宿る思想となっている。周囲の環境の一部となるJIL SANDER 2022年 秋冬キャンペーンイメージを、お見逃しなく!

■JIL SANDER FALL/WINTER 2022 ADVERTISING CAMPAIGN

www.jilsander.com