スワイヤー・ホテルズの展開する「ザ・ハウス・コレクティブ」が日本進出 渋谷東急百貨店本店跡地に新ハウスを2027年度に開設

外観イメージ

スワイヤー・ホテルズは、東急株式会社及び株式会社東急百貨店(総称して”東急グループ”)とL Catterton Real Estate(“LCRE”)とタッグを組み、「Shibuya Upper West Project(渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト)」の一環として、スワイヤー・ホテルズのコンテンポラリー・ラグジュアリ ー・ブランド『ザ・ハウス・コレクティブ』が新たに登場。2027年度に竣工予定の本施設は、ファッショナブルで活気に満ちた渋谷を舞台に、ザ・ハウス・コレクティブの海外初進出(現在は香港と中国のみで展開)としての重要なマイルストーンとなる。2008年にオープンしたザ・オポジットハウスから始まったザ・ハウス・コレクティブは、個性豊かなホテルシリーズ。北京の「ザ・オポジットハウス」、香港の「ザ・アッパーハウス」、成都の「ザ・テンプルハウス」、上海の「ザ・ミドルハウス」からなる『ザ・ハウス・コレクティブ』は、それぞれ独自の文化とデザインを兼ね備え、独創的かつスタイリッシュで、パーソナライズされた体験を求める旅慣れたトラベラーに、型にはまらない真の体験を届けている。北京の卓越したアートシーン、上海のハイファッション、成都の銘茶と静けさ、香港のきらめく街並みや夜景など、それぞれのロケーションからユニークなイメージやインスピレーションを受け、独特のデザイン、優れた料理体験、独創性に富むホスピタリティを提供。また「ピープル・ファースト」というアプローチを掲げ、インスピレーションに満ちたエフォートレス空間と滞在体験を実現し、ブランドの差別化を図るとともに、世界中のロイヤルファンを獲得して成功を収めている。この新ハウス計画にあたって、ザ・ハウス・コレクティブは、総合デベロッパーとしての実績を誇る東急グループおよびLCREとの連携を得て、その市場プレゼンスとノウハウを生かすとともに、スワイヤーがワールドクラスのラグジュアリーホテルの経営に培ってきた実力を合わせ、ユニークかつ刺激に富む新しいデスティネーションを築き上げていく。ショッピングやファッションの街として世界中でよく知られる渋谷の中でも、東急百貨店本店は、日本国内の富裕層の支持を集め、人気のショッピングスポットとして人々に愛されてきた。東京、屈指の高級住宅街・松濤に隣接するこのハウスは、都会の喧騒から逃れた静かな場所にありつつもアクセスが良好。世界を代表するデザイナーズブランドはもちろん、アート&カルチャー、そして高級感あふれるワンランク上の体験も楽しめる。東急株式会社、LCRE、株式会社東急百貨店による複合施設開発の「渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト」は延床面積11万7,000m²(Bunkamura含む)の建物に、上質なリテール、コンテンポラリーラグジュアリーホテル、賃貸レジデンスを有し、アートやカルチャーとの融合体化により、活気あふれる渋谷の新しいランドマークとなることを目指している。建築デザインには、その土地の持つ背景やランドスケープに合わせたサステナブルでコンセプチュアルな空間づくりを得意とし、国際的に高い評価を得ているノルウェーの建築・デザイン事務所「Snøhetta(スノヘッタ)」を起用した。渋谷東急百貨店本店跡地に、2027年度開設されるスワイヤー・ホテルズの展開する「ザ・ハウス・コレクティブ」に今から注目だ。

The Sanctuary イメージ

ザ・ミドルハウス上海

ザ・アッパーハウス香港

ザ・テンプルハウス

ザ・オポジットハウス

 

■ザ・ハウス・コレクティブ

www.thehousecollective.com/en/new-house-in-tokyo_jp/