Weekend Max Maraがアイコンバッグ「パスティチーノ」ワールドツアー最初の目的地である”ヴェネツィア”モデルを発売 ローンチイベントにモデルのオリヴィア・カルポらが来場

Weekend Max Mara(ウィークエンド マックスマーラ)は、2022年秋冬より、アイコンバッグ「パスティチーノ」の壮大なワールドツアー、卓越した職人技と伝統的な手法を支援していく新たなプロジェクトが始動。最初の目的地であるヴェネツィアのクラフツマンシップに出会った「パスティチーノ」バッグ ヴェネツィアモデルを、日本では6月より、ウィークエンド マックスマーラ ストア、および公式オンラインストアにて発売。イタリア語で”小さな焼き菓子”を意味する「パスティチーノ(Pasticcino)」は、甘さと強い個性を兼ね備えたバッグ。無限のバリエーションを持つ遊び心にあふれたクラッチ型のフォルムは、ボールの留め金が特長となっている。「Modello Venezia」エディションは、ヴェネツィアが誇るテキスタイルとガラス工芸の歴史に敬意を表して、フォルチュニがデザインした優美なテキスタイルとカラフルなムラーノガラスのビーズを素材に取り入れている。ジュテッカ島にあるマリアノ・フォルチュニが設立した織物工場で作られた、アイボリーやダスティティールブルーにゴールドやコッパ―のやさしい色合いのメタリックモチーフ、クリームベースにラベンダーや深紅のアクセント、グリーンとベージュをミックスしたパターンなど、3種類のコットン生地とを採用。さらに、1974年の創業以来、芸術的なガラスオブジェや一点物の作品で知られるガラススタジオ、ガンバロ・エ・タリアピエトラの熟練のガラス職人が手掛けた2種類のガラス(アイボリーをベースにコントラストの効いたマーブルタイプと、パステル調のベースに「ソンメルソ」加工のクリアなタイプ)が留め金として使われている。無限の汎用性、やわらかな手触り、広々とした収納性の「Modello Venezia」は、そのパスティチーノバッグの独自の個性と進化する魅力をさらに高めた逸品。また、このヴェネツィアモデルのローンチを記念し、5月10日にヴェネツィアにてエクスクルーシブなイベントが開催された。ゲストは新しい「パスティチーノ」バッグの背景にある職人の卓越した技術をヴェネツィアの荘厳な歴史、職人技や独自性と深く絡め明かされるスペシャルな旅を楽しんだ。また一日の終わりには、ヴェネツィアの運河、カナル・グランデを見渡せるカ・ドーロにて、ニコラ・ガーバー・マラモッティがホストを務める心のこもったディナーを開催。イベントにはモデルのオリヴィア・カルポらが来場し、スペシャルな旅を楽しんだ。Weekend Max Maraの「パスティチーノ」バッグ ヴェネツィアモデルとともに、旅した気分を味わってみては。

Olivia Culpo

Alexandra Pereira

Manjie Zhang

Veronica Ferraro

■Weekend Max Mara 「パスティチーノ」バッグ ヴェネツィアモデル

2022年6月よりウィークエンド マックスマーラ ストアおよび公式オンラインストアにて発売 / ¥124,300(税込)

www.maxmara.com