COACHはLGBTQIA+コミュニティをサポートするメッセージ「Go All Out For Pride」を発表 レインボーカラーのシグネチャー“C”やメッセージ入りパッチでカラフルに彩られた様々なアイテムが登場

COACH(コーチ)は、LGBTQIA+コミュニティをサポートするメッセージ「Go All Out For Pride」を発表。“The Courage to Be Real(リアルに生きる勇気)”というブランドのValueのもと、常に前向きに生きること、誰もが自分らしくありのままにいられること、真の自己表現を支持し、その勇気をコーチファミリー共通の信念としている。レインボーカラーのシグネチャー“C”やメッセージ入りパッチでカラフルに彩られた最新の”Pride(プライド)”コレクションには、ウィロウ トートやスウィンガー、フィールドトートやバックパックなどをはじめとする人気バッグや革小物の数々、Tシャツ、カーディガンなどのウェア、コーディネートをスタイルアップするハットなど様々なアイテムが揃う。「Go All Out For Pride」の発表とともに、ニューヨークを代表するナイトクラブのThe Monster(ザ・モンスター)にて、Saucy Santana(ソーシー・サンタナ)、Benito Skinner(ベニート・スキナー)、Joel Kim Booster(ジョエ ル・キム・ブースター)、Linux(リナックス)、The Icon Meeka “Queen Mother Alpha Omega”(ジ・アイコン・ミーカ “クイーン・マザー・アルファ・オメガ”)、Sasha Calle(サッシャ・カジェ)といったコーチ フレンズと共に、セレブレーションイベントを開催。LGBTQIA+コミュニティを支援するため、コーチ財団は、9年来のパートナーであるHetrick-Martin Institute(ヘトリック・マーティン・インスティテュート)、Point Foundation(ポイント・ファンデーション)とLGBTQセンターのコミュニティであるCenterLink(センターリンク)に対し、若者がリアルに生き、成功するための手助けにフォーカスした“Dream It Real(ド リーム イット リアル)”イニシアティブの一環として、長年にわたり支援を続けている。さらに、コーチ財団は、センターリンクとのパートナーシップにより、LGBTQIA+の10代の若者たちが自分のアイデンティティを探求し、肯定するためのデジタル支援ツール“IMI”の立ち上げも支援。全米のLGBTQIA+の人々の権利を擁護するために活動している“ACLU”もサポートしている。そして、 “Pride Month(プライド月間)”を通して、6月中にLGBTQIA+とコミュニティをたたえセレブレートするコンテンツを数回にわたり公開。コーチのLGBTQIA+コミュニティをサポートするメッセージ「Go All Out For Pride」をチェックしてみては。

ストゥディオ ショルダー バッグ 19 ウィズ パッチ(H12.5xW19xD8cm) ¥132,000(税込)

スウィンガー レインボー シグネチャー キャンバス(H14xW23.5xD7cm) ¥60,500(税込)

レインボー ホース アンド キャリッジ T シャツ オーガニック コットン ¥17,600(税込)

 

■COACH「Go All Out For Pride」

お問い合わせ:コーチ・カスタマーサービス・ジャパン / TEL 0120-556-750

www.coach.com